聴覚障害を持つ赤ちゃん

ラクテン君は、両耳を難聴と診断されました。そこで生後7週間で、生まれて初めて補聴器を付けます。「音」に初めて出会ったラクテン君の反応は…?

生まれて初めての補聴器

出典 YouTube

「音」は、こんなにも赤ちゃんの表情を生き生きとさせるのです。

補聴器をつけるラクテン君

出典youtube

違和感のせいか、最初は泣いて嫌がります。

聴こえる??

出典youtube

生後7週間、音が聴こえるだけでこんなに豊かな表情に。両親は嬉しさのあまり、名前を呼んだり、手を叩いたり。子どもが難聴と診断されたとき、両親は悲しみに暮れたことでしょう。

けれど、医療の進歩は、素晴らしい!ラクテン君は、現在2歳になって順調に成長されているそうです。

この記事を書いたユーザー

hinagon このユーザーの他の記事を見る

主婦暦5年目の34歳。5歳のダウン症の娘、2歳のやんちゃ息子と旦那1人の4人家族。田舎育ち。実家は牛の放牧をしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス