海外では、宗教や宗派の違いによる戦争が現在も起きています。

しかし、日本では宗教で戦争が起きることはありません。その理由が日本人の寛容な心にあると説き、世界にそれを伝えたいと願っている人がいました。それは現役の僧侶、松山大耕さんです。そこで今回、彼がTED×Kyotoで行った日本の宗教観に関するスピーチを紹介したいと思います。

お寺に生まれキリスト教の学校へ通った少年時代

出典 https://www.youtube.com

松山さんの実家は仏教のお寺です。お寺の子どもとして生まれましたが、通った中学・高校はカトリックの学校でした。お寺に生まれたのに、キリスト教の学校に通うということは確かに珍しいことでしたが、松山さんの親族や友人は理解してくれていたそうです。

しかし、松山さんが大学生の時に、海外との宗教観の違いを思い知らされる出来事がありました。

「アイルランドでは殺されても文句言えないわよ?」

出典 http://www.gettyimages.co.jp

大学生の時アイルランドへ行った松山さんは、田舎のB&Bを訪れました。女将さんに、自分の生い立ち(お寺に生まれたのに、キリスト教の学校へ通ったこと)を話すと、「なぜあなたの国では、そんなことが出来るの?アイルランドでそんなことをしたら、殺されても文句言えないわよ?」と言われたそうです。

アイルランドは、カトリックを熱心に信仰している人が多い国です。また、アイルランドに限らず海外から見ると、日本のようにクリスマスを祝い、除夜の鐘を撞き、初詣へ行くという複数の宗教を信仰する行動は、ありえないことなのです。

しかし、日本の特定の宗教のみを信仰しない、寛容な宗教観は食にも通じていると松山さんは仰っています。

「メイン」が存在しない和食

出典 http://www.gettyimages.co.jp

例えば伝統的な懐石料理を注文しますと、先付、椀物から最後のご飯に至るまで「メイン」という考え方はありません。私は、この食と同じように日本人の宗教観も、ある特定の宗教だけを特別視するのではなくて、全ての宗教に共通する倫理観もしくは哲学、こういったものを日本人は大事にしていると思います。

ですから、日本人の宗教観というのはBelieve in somethingではなくて、Respect for somethingもしくはRespect for others、こういうスタイルが日本人の宗教観です。

出典 https://www.youtube.com

一つのものだけを信じるのではなく、異なる教えに対しても敬意を払い、尊重する。確かにそうかもしれません。また、松山さん自身は仏教の教えを説く僧侶ですが、神社の神様に対してお経を上げることもあると明かしており、反対にお寺の中に神社があるケースも紹介しています。

次に、日本とインドの仏教における違いについても言及していました。

日本とインドの仏教の違いはカレーに似ている

出典 http://www.gettyimages.co.jp

例外はありますけれども、日本のお坊さんは妻帯を許されていますし、修業中はお肉、お魚を謹んで精進料理をいただきますが、修業が終わってしまえば特別厳しい戒律はありません。

出典 https://www.youtube.com

もしこの仏教発生の地であるインドの方が日本の仏教をご覧になったら、これは仏教じゃないんじゃないかとおっしゃるかもしれません。インド、東南アジアを中心として信仰されている上座部仏教では、戒律の順守、それから経典の学習、瞑想の修業。こういったことを目的とされています。

しかしここ日本の仏教は、先祖供養、普段の生活の中での礼節を敬う、こういったことを重視しています。

出典 https://www.youtube.com

インドの仏教で重視していることと、日本の仏教で重視していることは確かに違います。しかし、根底にある教えや哲学は同じだと仰っています。

私は、日本とインドの仏教の違いというのは、実はカレーに似ているんじゃないかなと思ってます。

インドではこのように、非常にスパイシーで辛いカレーをみなさん召し上がります。カレーもインドが発祥の地なんですけども、インドの方が日本の私たちが食べ慣れている甘くてまろやかなカレー、好きな方たくさんいらっしゃると思いますが、あのカレーを召し上がったら、これはカレーじゃないじゃないかと、こうおっしゃるかもしれません。

確かにこの、調理法、具材は違うかもしれませんが、このルーにお肉やお魚、そして野菜を入れて煮込んでご飯もしくはパンと一緒にいただく。このスタイルはインドでも日本でも共通しています。

出典 https://www.youtube.com

カレーも仏教と同じように、見た目や味付け、具は違えど食べる方法(根底)は同じだと仰っています。本質に目を向ければ違うと思っているものも、実は同じなのかもしれませんね。

しかし、根底は同じであっても宗教が違うという理由で、海外では戦争が起きているのも現実です。これについて、松山さんは次のように述べています。

教義よりも大切なのは互いを尊重し、仲良くすること

出典 https://www.youtube.com

確かに全ての宗教において、その教義に忠実である、守ること、それは非常に大事なことです。しかし世の中にはもっと大切なことがあります。

それは信じる宗教が違っていても、お互いを尊重し、そして仲良くするということです。日本では色々な宗教を信じている人がいますが、宗教が違うからといって、争いやもめごとといったことはほとんど起こりません。

出典 https://www.youtube.com

しかしテレビでニュースを見ますと、世界を見渡しますと、ひとつの宗教を信じるあまり他の宗教の方と争ったり罵り合ったり、そういう場面が放映されます。しかし私はそれは本末転倒だと思います。

宗教の本質は盲目的にひとつのものを信じることではありません。世界にはたくさんの人がいて、それぞれ皆さん感謝の気持ちを持って、安心感を得て、そして自分の人生を全うする。その助けを提供するのがこの宗教の役割です。

出典 https://www.youtube.com

自分の考えと違う人を攻撃し続けていては、安心感のある楽しい生活は送れません。お互いを尊重するということは宗教だけではなく、人間関係にも通ずるものなのではないでしょうか。

違う宗教を尊重する日本の宗教観は、世界の宗教家にも支持されているそうです。スピーチの最後に、松山さんが語った言葉を見てみましょう。

日本の宗教観を世界へ伝えたい

出典 https://www.youtube.com

私この2年ほどで、前のローマ法王にご招待いただいてバチカンに行ったり、この4月にはここ京都ではダライラマ猊下にご招待いただいてシンポジウムに参加させていただきましたが、世界の宗教家が実はこの日本の宗教観に非常に期待されています。

ですから私は世界でも冠たる宗教都市ここ京都から、日本人のもつ素晴らしい寛容性のある宗教観、これをぜひ世界に伝えたいと思います。そうすれば世界はもっと素晴らしくて素敵な場所になると私は強く信じております。

出典 https://www.youtube.com

出典 YouTube

松山さんのスピーチはこちらから。

海外では、現在も宗教による争いが続いています。

「お互いを尊重する心」が教義を守ることよりも大切だ、と説いてくれた松山さんのスピーチは、とても感慨深いものではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス