ハリウッド・スターのキアヌ・リーブス(50)が、12日に東京・秋葉原や新宿などに現れたとネットで話題になっている。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

皇居、浅草、秋葉原で目撃されています

出典 http://gossip1.net

どうやら、ホンモノらしいです!

多数の目撃者や一緒に写真を撮った方もいるらしい…

出典 http://www.akb48matomemory.com

記念写真をとってもらっています。

ツイッターなどに投稿された、ケータイで撮影されたと思われる写真を見る限り、ひげを伸ばした顔は間違いなくキアヌ。

しかし、周囲に警護するSPの姿もなく、写真を撮られているのに気づいても全く警戒するそぶりも見せていないところから、「そっくりさんなのでは?」といぶかる声も上がっているが、皇居近くと思われる場所で一般人らしき女性と記念撮影された写真が画像共有サイトのインスタグラムに投稿されており、どうやら本人に間違いないようだ。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

ツイッターでも多数の目撃ツィート!

ジョークだけど、かわいい!

有名人にも目撃されています

今朝、息子をスクールに送り届けて、原稿確認や、色々な書類系仕事があったので、ホテルのロビーへ一人で行ったら…

雰囲気のかっこいい数人のグループが居て…

ん?キアヌリーブスに似てる人が居る…

けど、自分の目の前に居るわけがないよね…

って、ネットで調べたら…

日本に居る....

出典 http://ameblo.jp

キアヌを探しまわる人

キアヌを探して...

「ぼっち姿」ですっかり有名に

出典 http://www.akb48matomemory.com

千葉真一の熱狂的なファンであり、帝国ホテルが大のお気に入りなのは映画『JM』で「洗濯を頼みたい。帝国ホテルで頼むような洗濯だ。東京の」というアドリブを入れたことでも証明済み。

来日した時には必ずラーメン屋に寄り、ラーメン屋ハシゴすることもしばしば。なかでも味噌ラーメンがお気入り。

俳優としてのオーラはまったくないですね…しかしながら、そこが既存のハリウッド俳優と一線を画していて好感が持てます。

前回の来日の様子。

以前にも、お忍びで来日し、一人で地下鉄に乗っているところや、ラーメン屋で食事をしているところを目撃されているキアヌ。プライベートでの来日なのか、映画の極秘撮影なのか…今後も目撃談は続出しそうだ。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

どうやら、今回の「おしのび来日(ぼっち来日?!)」は本当のようですね。

なぜキアヌは「ぼっち」なのか

キアヌ・チャールズ・リーヴス(Keanu Charles Reeves, 1964年9月2日 - )は、レバノン出身のカナダ人の俳優・ミュージシャン。身長186cm、血液型B型。左利き。

出典 http://ja.wikipedia.org

実妹のキムは、白血病のためハワイのコンドミニアムで医師による24時間体制の看護の下で療養生活を送っている。また、キムのほかに父親違いの妹カリーナ・ミラー(1986年トロント生まれ)と、腹違いの妹エマ・ローズ・リーブス(1980年ハワイ生まれ)がいる。

幼少期は世界各地を転々としながら母親の再婚相手と共に生活するという不安定なものであった。実の父はキアヌが3歳の頃に妻と家族を捨てたため、現在に至るまでキアヌは彼と一切の縁を切っている。

出典 http://ja.wikipedia.org

幼少期は、楽しい子供時代は送れなかったようです。

キアヌには或る恋人がいたが、彼女が彼との間に子を妊娠したものの死産した。それから数週間ほどした頃に二人は別れるも、その後も親しい友人としての関係は続いていた。

翌年、女性自身もマリリン・マンソン宅のパーティーに参加した帰り自らの運転する車で起こした事故により他界した 。コカインを始めとする複数の薬物摂取下での運転であった。

出典 http://ja.wikipedia.org

恋人の死産、その後の死。

この頃のキアヌに人生はまさにどん底でした。

アメリカの一部メディアで、彼の性的指向について「ゲイ、バイセクシャル」、「ゲフィン・レコードの社長と同性結婚」などと報道されたことがある。

しかし、この時期の前後に『マイ・プライベート・アイダホ』という同性愛を描いた映画に出演したことが、これらの記事にも影響を与えた可能性があるともいわれる。

それらの報道に対しては、否定も肯定もせずノーコメントを通し、本人は「弁護士を立てるほどじゃない、笑って無視すればいい」と語っている。

出典 http://ja.wikipedia.org

おそらく、ガス・ヴァン・サント監督の「マイ・プライベート・アイダホ」の出演でゲイの疑惑が広まったのかもしれません。共演のリバー・フェニックスと怪しい関係だと噂されたことがあります。

しかしながら、彼はそれを一蹴する寛大さを持っています。

出典 http://www.myriverphoenixcollection.com

「マイ・プライベート・アイダホ」で共演した親友 リバー・フェニックスの死も、キアヌにとってかなり大きな精神的ダメージを与えているでしょう。

彼はセレブにもかかわらず、ボディーガードも基本的にいないし、高いブランドの服も着ない。またあるインタビューでは「君たちは生きるために幸せでいなければならない。僕は違う」と答えている。自分は幸せになってはいけない、そう思っているようだ。

ネットではよく「俺たちの仲間」として言われるキアヌ・リーブス。だがその人生への絶望感はこれほどまでに深いのだ。

出典 http://mogumogunews.com

長い俳優生活で上り詰め、そして私生活でどん底状態になったり...
その浮き沈みで「諸行無常」的なことを悟ってしまったのか、キアヌ!?

出典 http://matome.naver.jp

わ、若いっ!

キアヌのジョン・ウィックを見よう!

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

宙蝉 このユーザーの他の記事を見る

宙蝉(そらせみ)とよみます。
映画大好き!映画感想ブログをやっています。どちらかといえばヲタク寄り...シネフィル...かな??!!
写真を撮ることも趣味です。
家族3人+にゃん2匹

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス