俳優・梅宮辰夫さんと元モデル・クラウディアさんの一人娘、梅宮アンナさん。女性雑誌『JJ』で専属モデルを務めた後、バラエティ番組などで出演、タレントとしても活躍しています。

アンナさんは2001年に一般男性と結婚、翌年1月には長女が誕生しましたが、2003年に離婚。以来、シングルマザーとして娘さんを育てており、ブログでも姉妹のように仲良しな娘さんとの関係を明かしています。

今回はそんなアンナさんと娘さんの仲睦まじい「エピソード集」をご紹介いたします。妊娠時には葛藤などがあったものの、最終的に産むという選択をしたことを「誇り」と語っている彼女。今では親子でありながら「姉妹」の様な関係で接しており、強い絆で結ばれている様子が伺えます。

産むことを選んだのは「自分の誇り」

あの時の自分の選択を自分で誇りに思う。

人間は毎秒、毎分選択を強いられる。
その都度、考えて選択する。

時には人生間違った選択をして。。。

そして、反省。。。

私の人生の中で、MKを産む選択だけは、一瞬の迷いもないほどだった。。

特殊な環境の中だけど、日々天真爛漫に育ってくれている。

言葉はいらない関係性

娘とは友達のような付き合い方

私達は、親子だけど、いつも友達みたい。。本当に。。。
MK。。私のところにやって来てくれてありがとう!!

「花より物より嬉しい」娘からのLINE

今日はMKからこんな写真をLINEで送ってきた
母の日だから~って
今のどきプレゼントだわ~
花よりも物よりも嬉しいな

仲良くおそろいスニーカー

今日の私は。。。バンズ履いて
昔私が高校生の時も履いていたよ。。
41歳で履いてる自分も好き
大人が履くと更にいいのかもね。。
キッズからアダルトにまで人気があるって素敵だね

お揃い

靴以外にも、ダウンジャケットなどの洋服も娘とお揃いで購入しています。

「親子であり姉妹」

私達は、親子でもあり、姉妹のようでもあり。。。でも、叱る時もしょっちゅう。。当たり前だよね。親だから。。

昨日も私が頼んだ事を、面倒くさそうにされて。。心ではわかっているくせに、妙に親に対して反抗的な態度。。まぁ、そんなお年頃なんでしょうね。。でも。。私は、そんな態度を黙っている私ではありません。私。怒るとマジ怖いからね。。私は常に親目線と言うより、対等で話すスタンスでして。。私が、ガーって言ったら、むこうもガーって返してきます。。親に言われて、はい!分かりました!お母様な~んて言われたら、正直怖いですから。。反抗するくらいの方が普通かなと。私がMKに教えている事。

それは、挨拶。。人に会ったらまず挨拶!おはよう!こんにちは!こんばんは!おやすみなさい。。人に何かしてもらったらありがとう!何か人を傷つけてしまったら。ごめんなさい。。人としての挨拶は数知れず。。挨拶は大切だから。そして、礼儀も。。嘘をつくな!!ごまかすな!!ズルくなるな!です。。

常日頃から「礼儀」を娘には教えています。

梅宮アンナさんのブログは以下から。この他にも、父・梅宮辰夫さんや母・クラウディアさんとの写真など、家族愛にあふれたブログとなっています。ぜひご覧になってみてください!

この記事を書いたユーザー

Ameba編集部 このユーザーの他の記事を見る

Ameba編集部公式アカウントです。1万5000人以上の芸能人・有名人が利用するAmebaブログから、編集部が厳選した話題をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス