くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの不快な症状が頻繁に生じる場合は、アレルギー性鼻炎かもしれません。原因となるのは、春先からの花粉をはじめ、ハウスダストやダニ、ペットの毛など。これらを回避しても症状が軽減しない場合は、セルフケアとあわせて適切な治療を受けましょう。

くしゃみ、鼻みず、鼻づまりが繰り返し起こるしくみとは?

ウイルスや細菌などの異物が体に侵入すると、それを排除する「抗体」をつくって体を守る「免疫」という防衛機能が働きます。この免疫が過剰になり、排除する必要のない無害なものを異物と認識し、排除しようとすることがあります。こうして起こるのが「アレルギー」で、アレルギー性鼻炎もその一種です。

抗体をつくる原因物質(抗原)としては、鼻から吸い込まれた花粉のほか、ハウスダストやダニの死骸、かび、ペットの毛などがあげられます。体に入ったそれらの物質を異物と認識して「IgE抗体」がつくられ、鼻の粘膜に存在する「肥満細胞」に付着します。この状態で再び原因物質が侵入すると、IgE抗体と結合して抗原抗体反応が起こり、肥満細胞から「ヒスタミン」や「ロイコトリエン」などの化学伝達物質が放出されます。これらの化学伝達物質が知覚神経や分泌腺、血管を刺激することで、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が出るのです。

アレルギーを起こす原因物質がスギやヒノキなど植物の花粉の場合は、一般的に「花粉症」と呼ばれる季節性のアレルギー性鼻炎です。一方、原因物質が花粉以外のアレルギー性鼻炎は、季節に関係なく悩まされます。かぜでもないのに、くしゃみ・鼻水などの症状に頻繁に悩まされているようなら、耳鼻咽喉科などで一度きちんと診断してもらうとよいでしょう。

アレルギー性疾患の治療の第一は、原因物質を避けることです。最近の日本ではアレルギー性疾患への意識が高まり、家庭内の清掃が徹底され、通年性の鼻炎は減少傾向にあります。割合としては、圧倒的に花粉症の患者数が多く、また通年性アレルギーと花粉症をあわせもっている人や、もともとぜんそくのある人が鼻炎を併発するというケースも見られます。

原因物質の回避と症状を押さえる薬での治療が基本

アレルギー性鼻炎は、症状の程度によって、くしゃみや鼻水だけなら軽症から中等症、それに鼻づまりが加わると重症とされます。鼻づまりの症状は長時間続くと、口呼吸でのどを痛めたり、頭痛、睡眠障害、味覚・嗅覚障害など、QOL(クオリティオブライフ:生活の質)にまで影響を及ぼす場合もあります。

ただ、症状の感じ方は人によって異なり、職業や生活環境によっても不調の度合いは異なります。たとえば接客業の人にとっては、頻繁に起こるくしゃみだけでも仕事や生活に大きな支障をきたします。治療を受ける場合、個々の症状や不都合の程度によって、それぞれ生活の質を向上させることが一番の目的になります。また避けるべき原因物質が特定できない場合も、まずは受診する必要があります。

治療は、原因物質を特定し回避することからスタートします。そのうえで、症状を軽減するための薬物療法が行われます。
使用される主な薬は、くしゃみや鼻水を抑える「第二世代抗ヒスタミン薬」で、鼻づまりにもある程度の効果があります。そのほかに、もっとも改善しにくい鼻づまりの症状に対しては、「抗ヒスタミン薬」と併用して「抗ロイコトリエン薬」「ケミカルメディエーター遊離抑制薬」「抗トロンボキサンA2薬」「Th2サイトカイン阻害薬」などの薬を使用します。場合によっては「ステロイド薬」を短期間に限って内服したり、「漢方薬」を使うこともあります。

また、内服薬だけでは症状が軽減しないような場合には、鼻の粘膜に直接ステロイド薬を噴霧する「鼻噴霧用ステロイド薬」を使用します。また鼻づまりには「血管収縮薬」が使われる場合もあります。
はじめは、もっともつらい症状に有効な薬が1種類使われますが、重症度に応じて薬を組み合わせていきます。薬の効き方は人によって異なりますし、治療は長期に及ぶことが多いので、医師とよく相談しながら治療を継続することが大切です。

手術という選択肢

“薬で症状が改善しない”“薬を減らしたい”などの場合には、手術という選択肢もあります。 「炭酸ガスレーザー」「アンゴンプラズマ凝固法」などの手術では、鼻の粘膜を焼灼して変性させ、花粉などの原因物質に反応しにくい状態にします。とくに炭酸ガスレーザーでは、粘膜の表面の近くを焼灼するので安全性が高く、出血や痛みも少なくてすみます。保険が適用され、外来でできるのもメリットです。

ただしレーザー治療もあくまで症状を抑えるための治療です。アレルギー性鼻炎の根本的治療ではありませんので、再発の可能性があります。レーザー治療を受けるのは、“多忙でなかなか通院できない”“妊娠中で服薬を避けたい”“受験を控えている”などの特別な理由がある場合がほとんどです。手術1回あたりの費用は、左右あわせて6千円程度(3割負担の場合)です。

日常生活でも症状を押さえる工夫を

アレルギー性鼻炎の症状を改善するためには、日常生活におけるセルフケアも大切です。
まず、十分な睡眠と栄養バランスの良い食事をきちんととること。これは健康を保つための基本です。しかし、ひどい鼻づまりは睡眠を妨げますから、鼻づまりを改善するための治療を受けることが前提になります。

家庭で鼻をあたためるのも有効です。仰向けになって数分間、蒸しタオルを鼻の付け根にのせてあたためる、お風呂で全身をあたためながらリラックスする、鼻やのどに蒸気をあてるのも効果的です。
注意すべきなのは、はなを強くかまないこと。あまり強くはなをかむと、ときとして中耳炎を起こすことがあるので注意しましょう。

この記事を書いたユーザー

たつや このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • インターネット
  • 育児

権利侵害申告はこちら