-全然、ゆるくない。北海道のゆるキャラ-

雪まつり、雪ミクなど北海道、冬の1大イベントが始まり、最近、北海道のニュースを耳にしたことも多いのではないでしょうか。

北海道といえば、のどかで自然豊か。食べ物もおいしい。そんなイメージをお持ちの方が多いイメージがありますが、そんな北海道。いまや、化け物系ゆるキャラが多発しているのをご存じでしょうか?

会った子供が号泣したと巷で、噂の北海道のゆるキャラをご紹介します。

メロン熊 (北海道夕張市)

こちらの“メロン熊”はご存じの方も多いのではないでしょうか。

メロン熊のオフィシャルブログに、イベントなどで出会った子供たちとの写真が掲載されているのですが、号泣している子多数。

筆者も実物をみたことがありますが、何よりも口の中がリアル。というのも、このメロン熊の特徴は、『噛む』こと。

噛まれても、もちろん痛くはないのだが、大人の頭がまるごと入りそうなほど口を、あんぐりと開けるので、本当に食いちぎられるのではないか?という錯覚に陥る。

メロン熊とは夕張の農家を荒らし、おいしいメロンを食い荒らしたことで変貌した熊のこと.

しかし…、なぜこのような姿に変わってしまったのか。凶暴化してしまったのか、未だ不明である。

出典 http://profile.ameba.jp

とのこと。

ホーンテッド時計GUY(ガイ)(北海道札幌市にある時計台のゆるキャラ)

日本三大がっかり名所の一つと悪名高い札幌市時計台。

人々の「がっかりした」という声に対し、怒りで妖怪化したのが、このゆるキャラ「ホーンテッド時計GUY(ガイ)」

「自分は別に北海道を象徴する『記号』ではない」との怨念が高じて妖怪になってしまったというコンセプト。

出典 http://www.hokkaido-np.co.jp

ボロボロな風貌に、塔の屋根の部分が口になっており、これまた、人に対し「噛む」ことができるそう。

そして、このゆるキャラの新しいところは、地元紙、北海道新聞に、

くつした企画の黒田拓代表(43)が(ゆるキャラ)製作の中心を担った。……
舌の細部まで生々しく仕上げた着ぐるみの中には、同企画の広報担当岩田直也さん(34)が入る。

出典 http://www.hokkaido-np.co.jp

と、書かれている。 

えっ!?それ言っちゃうの!?

ゆるキャラ世界では、子供の夢を壊さぬよう、「中の人はいない!!!」と貫きとおすゆるキャラが多い中、ここまで公表するのは珍しい。

この、ゆるキャラを企画した黒田拓代表(43)は、

「小さい子は見た途端、火がついたように泣くという課題もあるが、記念写真を頼まれるなど反響は予想以上。」

出典 http://www.hokkaido-np.co.jp

と、手ごたえを語る。北海道のゆるキャラたちは、子供らの楽しい北海道旅行の
思い出に何を植え付けようとしているのか。

ホーンテッド時計GUYの公式HP(下記 リンク先)もあるのだが、これまたお化け屋敷のHPかと錯覚を起こすしあがり。

いま流行の妖怪ブームに、乗っかることができるのか!?今後の活躍に目が離せない。

イカール星人 (北海道 函館市)

ハコダテを我がものにするべく、宇宙の彼方からやってきた侵略者。

一説には、イカを大量消費するハコダテ市民に怒ってやって来たとの見方もあるが、真実は不明である。

出典 http://www.ika-r.com

ゆるキャラは、地元を盛り上げるため、地域愛をPRするのが一般的だが、なんとこのイカール星人は『侵略者』!!!

出典 YouTube

「この物語は、宇宙観光都市ハコダテと、その侵略を企てるイカール星人とのバトルを描く、壮大なスペース・オペラである。」

と紹介されている。

このイカール星人の運営会社による
キャッチコピーを最後にご紹介。


「こんなハコダテに誰がした!!」




……まったくです。

北海道に旅行をご検討中の方、ぜひこれらのゆるキャラのイベントを狙って来てみては?

強烈なインパクトを与えてくれること間違いなしです。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス