出典 http://pet.richell.co.jp

猫と暮らしていると猫トイレに困ったことはありませんか?

ニオイが気になったり、変わったトイレの仕方をする癖があって外に漏れちゃったり、砂の飛び散りが気なったりしませんか?

トイレ容器はどんなものがあるかまとめました。
おうちの猫ちゃんはどのパターンかな?!

ふち手置きタイプ (両前足をちょこんと乗せる子が多い)

出典 http://www.nekohon.jp

ふちに手を置いて、ちーっとするタイプ。

ふち座りタイプ(砂に触りたくないんだよね・・・)

出典 http://happy-come.com

砂かけもしない子が多い気がします。肉球にトイレの砂が入るのがイヤなんだよね…。

ちょこんとお座りタイプ & お座り端っこ派

出典 http://www.irisplaza.co.jp

一番、問題のないタイプですね。

しっかりと「お座り」体勢でしてくれるので、助かります。

ちょこんとお座りするけど、お尻が必ず端っこをになる子もいますね。

お尻はみ出てるタイプ (外に漏れてるって!)

出典 http://peau.exblog.jp

お尻が外に出ているタイプですね。うちの子もこれです。大変困ります。えぇ、とっても。

たちしょんタイプ (全漏れ 最悪)

写真が撮れなかったので絵を描きました。

女の子なのですが、うちの猫ちゃんはこの絵の通りで「たちしょん」します。

本当に困ったちゃんになってしまいました。

それぞれのトイレ姿勢の特徴にあったタイプを選ぼう!

それぞれ特徴がありますね!

意外と多いのが、ふち手置き派の猫ちゃんでしょうか?

歴代猫と暮らしてきましたが、たまにいたのが「四方のふち捕まり派」でした。器用に砂の上を歩かずにトイレをしていました。もちろん、砂かけもしませんでしたけどね。

飼い主として困っちゃうのは、たちしょん派とおしりがはみ出しちゃう派です。この子たちにはトイレの形から考えてあげないと、いつまでたっても粗相をしてしまうことになりお掃除も大変!

猫トイレの形 実はこんなにあった!

箱型タイプ

出典 http://www.irisplaza.co.jp

猫トイレが再利用するようなタイプだった時代は、この形一辺倒だった記憶があります。

バケツに入れて猫砂を洗って再利用するようなタイプがあった昔はコスパはよさそうでしたが、ニオイも強いし結局洗うのが大変でやめました。

箱型はトイレの高さが低いため、猫砂の飛びちりが気になります。激しく砂かけをする性格の猫ちゃんでなければ、こちらがオススメ。


・ふち座り派
・ふち手置き派
・お座り端っこ派
・ちょこんと座り派

ハーフカバー タイプ

出典 http://www.peppynet.com

ちょっとだけ高さを出した猫トイレです。

砂の飛び散り防止になっていますが、出入り口は低いので結局そこから飛び出します。
その点を理解した上で購入するほうがいいかもしれません。

トイレの形自体が意外と複雑なので、おしっこがハーフカバーに伝うようにかかってしまうと付け根のところに溜まりニオイの元になります。


というわけで、こちらのトイレのオススメは

・ふち座り派
・ふち手置き派
・お座り端っこ派

・ちょこんと座り派

限定条件で、トイレの入り口から必ずくるっと回ってお尻を入り口ではない方向にする癖のある猫ちゃんであれば、こちらでOKです。

・おしりがはみ出しちゃう派
・たちしょん派

トイレの状態もひと目で分かるのでお掃除もラクチンです。

フルカバータイプ

出典 http://item.rakuten.co.jp

出典 http://www.kao.co.jp

ニオイが気になる場合にオススメなのがこちらのタイプです。汚れ具合がカバーに隠れてしまうため気づきにくいというのが難点。

・お座り端っこ派
・ちょこんと座り派
・おしりがはみ出しちゃう派
・たちしょん派

中々困った2派も対応できる可能性があるトイレの形です。

ただ使ってみて分かったのは大きな難点があります。構造が複雑で意外と汚れがあちこちに付きニオイの発生源になります。

・おしりがはみ出しちゃう派
・たちしょん派

こちらに当てはまる場合、入り口は行ってそのままお尻を上げてしまっては
結局はみ出します。

完全にはみ出なくても上カバーと下の部分の隙間に段々と溜まっていき、ニオイの元になりやすいです。

入り口にお尻を向けてしまうとカバーの意味を成しません。

フルカバー扉つきタイプ

出典 http://www.amazon.co.jp

・お座り端っこ派
・ちょこんと座り派
・おしりがはみ出しちゃう派
・たちしょん派

扉が付いていることに抵抗を感じる猫ちゃんが稀にいます。中々入る勇気がなくてもたついてしまい粗相に繋がるということもありますので、猫ちゃんの性格部分がポイントになるトイレです。

扉もあるし漏れないだろう!と思ったのですが、扉に向かっておしっこされると伝い汚れで中々面倒なことになりました。

おまる型タイプ

出典 http://ttnc.blog.shinobi.jp

実物を見ると本当に小さいです。

なので、体が大きな猫ちゃんは厳しいような気もします。極限に砂を節約できるのがポイントですね。

というわけで、こちらのトイレのオススメは

・ふち座り派
・ふち手置き派
・お座り端っこ派
・ちょこんと座り派

システムトイレ

出典 http://item.rakuten.co.jp

チップ上の砂ではおしっこを受け止めず通過させ、下の受け皿で専用のシートで受け取りウンチだけ砂で処理するタイプです。

ニオイが軽減されているのが特徴ですが、砂が高いのが難点です。おしっこの受け皿部分は普通のペットシートを利用していました。

形は、ハーフカバーとフルカバーがあります。

私も使用していましたが、猫のトイレ姿勢のせいか上カバーと下本体の間におしっこが入り込みニオイの原因になりました。

下のトレイも引きだしたすぐに穴があって、そこにおしっこがたまってしまうんです。
それで使わなくなりました。

システムトイレの活気的なお掃除方法!

出典 YouTube

早くこれを知りたかった!と思うくらい感激しました!!

色々使って分かったオススメは衣装ケース

出典 http://www.amazon.co.jp

我が家にはたちしょん派の猫がいるため、猫砂を敷いた上に立った状態でお尻がはみ出ない高さが必要でした。
そのため、結論として衣装ケースにたどり着いたわけです。

対策は色々しましたが、フルカバータイプでも入り口から入ったそのままの向きでお尻を下ろさずに「ちー」としちゃいますので、入り口から外に全漏れしてしまうので大変でした。

衣装ケースを猫トイレに!は意外とオススメですよ!
お財布にもやさしいです。

出典 http://www.nissen.co.jp

ペットシートに吸収できるように外の対策もしました。
たちしょん派の対策で、ニッセンのカタログで見つけた「猫砂ガード」こちらを愛用し始めました。
砂を受け取るところにペットシートを引いて対策しました。
砂も同時に受け取るし、散らかりも防げるのでこれはオススメです!

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス