アルメニア共和国に在住するニュージーランド出身のフォレスト・サムエルさんは2015年1月21日に息子レオ君の誕生に心を躍らせていた。

"This pediatrician walks out of the room with a little bundle -- that was Leo," Forrest said. "She had his face covered up and hospital authorities wouldn't let me see him or my wife. When the doctor came out, he said 'there’s a real problem with your son."

「おくるみに包まれた息子レオを抱いた小児科医や病院関係者達は僕たち夫婦に彼の顔を見せないように顔もしっかり隠していました。そして、担当医がこう言いました。「あなたの息子さんに深刻な問題が見られます。」

出典 http://abcnews.go.com

両親にとっては、衝撃すぎる告知だったのではないでしょうか。

レオ君を抱くサムエルさん

出典 http://www.dailymail.co.uk

そしてレオ君が「ダウン症」であることを告げられます。

正式名は「ダウン症候群」で、染色体の突然変異によって起こり、通常、21番目の染色体が1本多くなっていることから「21トリソミー」とも呼ばれます。

出典 http://www.jdss.or.jp

ダウン症の特性として、筋肉の緊張度が低く、多くの場合、知的な発達に遅れがあります。発達の道筋は通常の場合とほぼ同じですが、全体的にゆっくり発達します。

出典 http://www.jdss.or.jp

サムエルさんとレオ君の初対面

フォレスト夫妻はショックを受けます。そして最初に夫のサムエルさんが我が子を見る決意をします。そしてレオ君を見て初めて口から出た言葉は。

"They took me in see him and I looked at this guy and I said, he's beautiful -- he's perfect and I'm absolutely keeping him."

「美しい。完璧じゃないか。断然僕はこの子を育てるよ」

出典 http://abcnews.go.com

彼はそう呟いたのです。

しかし妻の反応は違った

"She told me if I kept him then we would get a divorce."

「もしこの子を育てるというなら、離婚よ」

出典 http://abcnews.go.com

思いもよらない妻の言葉にサムエルさんは唖然としました。

そして離婚成立

サムエルさんと元妻ルーザンさん

出典 http://www.mirror.co.uk

One week after his birth, Leo's mom filed for divorce.

レオ君が誕生してわずか一週間後に二人は離婚しました。

出典 http://abcnews.go.com

二人はスピード離婚しました。

レオ君を手放さないというサムエルさんの決意は固かったのです。

病院の対応

"What happens when a baby like this is born here, they will tell you that you don’t have to keep them," he said. "My wife had already decided, so all of this was done behind my back."

サムエルさんは言います。

「アルメニアでは何か問題のある乳児が予想外で生まれた場合、育てなくても良いといいます。私の妻は既にレオを育てないと決断し、医師にそう伝えていました。この決断は全て私の知らないところで行われていたのです」

出典 http://abcnews.go.com

サムエルさんはアルメニアの病院の対応に大変驚いたそうです。そしてまた新たな決意を固めます。

自国のニュージーランドへ。

出典 http://www.kiwihousesitters.co.nz

サムエルさんはニュージーランド、オークランド出身だそうです。この一件を機にニュージーランドへレオ君を連れて帰国する決意をします。

He then set up a Gofundme page, which he claims is to raise enough money to bring up his son as single parent in his native New Zealand – and received $439,000 within ten days.

「サムエルさんは、Gofunmeページに登録し、彼の祖国ニュージーランドでシングルファザーとしてレオ君を育てるために寄付金を募ります。

そしてわずか登録から10日で世界中の人達から439,000ドル(日本円5243万円:2015年2月時点)を得ることができました」

出典 http://www.independent.co.uk

障害をもった子供を育てるにはお金がかかります。人に助けを求めるのも賢明かつ大切なことだと思います。

父親の夢

"They all have niches and I want to work hard to find out where Leo's special. This little guy is great."

「人には皆それぞれ得意分野があるもの。僕はレオの特別な能力を探しだせるよう努力するよ。この子は本当に特別なんだ」

出典 http://abcnews.go.com

我が子に対しての絶対の「信頼」。まだ言葉も発さない、動くこともままならない小さな赤ちゃんに「僕は君を信頼している。だから君も安心して僕を信頼しなさい」。私にはサムエルさんがそう言っているような気がする。

母親の心境

サムエルさんと元妻ルーザンさん

出典 http://dunia.news.viva.co.id

現在元妻ルーザンさんは「私は捨てたんじゃない!」とabc ニュースで心境を語っています。

A woman accused by her husband of divorcing him and giving up their newborn son after learning he was born with Down syndrome called the decision the "hardest moment" of her life.

出典 http://abcnews.go.com

「私の人生で最も過酷な瞬間でした」彼女はそう述べました。

"I remember the sad faces of my relatives and the doctors and the diagnosis that sounded like a verdict: 'Your child was born with a Down syndrome.' One can never imagine my feelings at that moment," 

Badalyan wrote in a Facebook post. "Hardly had I recovered from the first shock, when the doctor approached me and told me to voice my decision whether I was going to keep Leo or not. I had to make the most ruthless decision in my life within several hours."

「私が思い出すのは、家族や親戚、先生達の悲しそうな顔です。『ダウン症』という診断が「判決」のうようでした。『あなたのお子さんはダウン症です』私の気持ちは誰にも想像できないでしょう。

出産という大仕事の傷も言えないうちに先生は息子をお家に連れて帰るかどうかの決断を迫ります。短時間にこんなに非情な決断をしろというのです」

出典 http://abcnews.go.com

筆者は二児の母親です。二番目の子供は妊娠中に16分の1の可能性でダウン症だと診断されました。確率としては高い方でした。

その結果を告げられた時の気持ちは忘れられません。生まれた後に分かる赤ちゃんの状態と生まれる前に分かる赤ちゃんの状態の気持ちの持ち方はきっと違うでしょう。

心境を語る元妻に対してサムエル氏はこう語った

Ruzan should not be the target of all of the frustrations that this situation has created. Our paths may be moving in different directions, but she is Leo's mother and I still feel a great deal of love for her.'

「この状況下でルーザンを責めるのはやめてほしい。僕たちは違う道を選び歩んでいる。でも彼女がレオの母親であることは間違いない。レオを生んでくれた彼女に対しての愛情は今もあるんだ。」

出典 http://www.dailymail.co.uk

かつては愛した人。そして愛し合った末にできた大切な子供。進む道は違うけれどその時に抱いた愛情は真実なのだ。そして形となって現れたその「存在」こそに目を向けるのが今やるべき事なのだ。

実はサムエルさんには前妻との間にダウン症の娘がいた

サムエルさんが何故こんなに直ぐに決断ができたのか。よほど素晴らしい魂の持ち主なのか?それとも何か裏があるのか?そう思った人は私だけではないでしょう。実は彼には事情があったのです。

ニュージーランドにて前妻との子供達と

出典 http://www.dailymail.co.uk

he left New Zealand four years ago following a messy divorce that saw him lose his three daughters and one son.
His youngest daughter was born with Down syndrome - the same condition affecting three-week-old son Leo.

「サムエルさんは4年前、泥沼離婚訴訟で三人の娘と一人の息子を失ったあとニュージーランドを去った。三女はレオ君と同じダウン症だった。」

出典 http://www.dailymail.co.uk

そうなんです。彼には前妻との間にダウン症の娘がいたのです。

Mr Forrest, who lived with his wife and children in Whanganui on New Zealand's north island, was brought up as a member of the Exclusive Brethren church.

He was ex-communicated from the church when he divorced his wife and was banned from seeing his four children, now aged between six and 15 years old.

「当時サムエルさんは、ニュージーランド北島西海岸にあるワンガヌイ市に家族6人で暮らしていた。サムエルさんも当時の奥さんもともにブレスレン教会の一員として幼いころから一緒に育ったのだ。

しかし、離婚後教会の掟としてサムエルさんが実娘息子に会うことは許されなかった。現在一番上の子は15歳そして下の子(ダウン症)は6歳である。」

出典 http://www.dailymail.co.uk

国ごとに法律があるように、個々の宗教にもそれぞれ決まりがあります。彼はどうやら排斥されたようです。

出典 http://www.brethrenchurch.org

ブレスレン教会

'All his extended family are also members of the Exclusive Brethren and are still forbidden by their religion to have any contact with him,' a source said.

'It was one of the reasons why he left in the first place and went to Armenia. He had no contact with his children and saw no future for himself in New Zealand. It was all very sad.'

「サムエルさんの家族や親戚も皆教会の一員であるため、教会から排斥された彼と話すことも会うことも禁止されています。そもそもそれが原因でニュージーランドを去ったのです。

自分の子供にも会えない。親や親族とも関係をもてない。そんな状況でどうやってニュージーランドで生きていけるのか。そう思った彼は祖国を出ました。サムエルさんにはそんな悲しい過去があったのです。」

出典 http://www.dailymail.co.uk

筆者の憶測ですが、もしかしたらサムエルさんは会うことを禁じられた娘の一人、しかもレオ君と同じダウン症を患っている彼女のことを思い、そして会えなくなった愛する子供達、家族を思いレオ君にありったけの愛情を注ぎたいのではないだろうか。

彼が排斥された理由は分からないが、これが彼の償いの形なのかもしれない。それはまだ誰にも分からない。ただ分かるのは解決しなければならない問題は山積みで、自分の生まれた国に息子を連れて帰るのはきっと物凄い勇気のいる行動なのではないだろうか。

この記事を書いたユーザー

幕末 このユーザーの他の記事を見る

感動や役に立つ情報を提供できたらいいなと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス