イギリスのペプシマックスがバス停の風よけに仕掛けたドッキリが話題になっています。

舞台はイギリス・ロンドンのニューオックスフォードストリートにあるバス停。このバス停で待っていると、ガラスの向こう側で隕石が落下したり、UFOが飛んできたり、巨大なタコが出現したり、現実では起こりえないことが次々と起こります。

これはARという技術を用いて、現実の世界に非現実世界の風景を重ねているのです。この仕掛けに驚き、困惑するロンドン市民の様子を映し出した映像をご覧ください。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス