阪急電鉄の十三駅構内にある『阪急そば』の一風変わったメニューが大きな注目と話題を集めています。それはフライドポテトを蕎麦と一緒に食べる「ポテそば」と言う今までにない新しいメニュー!

「立ち食いそば上級者はコロッケそばを頼む」なんて言葉を耳にすることがありますが、ポテトをのせる発想は面白い。

これが絶妙な塩加減とコッテリ感が調和して美味しいのです。さぁ~十三駅へ話題のそばを食べに行ってみませんか♪

「十三駅」は駅構内に〇〇〇が初めて出来た駅!

出典旅人間

阪急電鉄の十三駅(じゅうそうえき)は、神戸や方面と京都方面へと向かう主要な路線が集う梅田駅に並ぶ主要な駅の一つ。実はこの十三駅、「駅構内そば店」が関西の私鉄の中で最初に出来た場所と言うのは知っていましたか?

十三駅構内の2番線と3番線の間にある『阪急そば』は、1967年に立ち食いそば&うどん店として開業し、ビジネスマンを中心に、ずっと大阪人に愛され続けているお店。つまり駅構内のそば屋さんとしては老舗中の老舗なのです。

ちなみに十三駅は日本で最初に駅改札内にコンビニエンスストアが設置され駅でもあるのですよ。最先端に色々な事を取り入れる十三駅は注目すべき駅と言えるでしょう。

『阪急そば若菜』十三駅構内の2番線と3番線の間!

出典旅人間

一般的に駅構内のそば屋さんと言えば、少し野暮ったい雰囲気で、男性客が大半で女性一人では少し入りにくそうな印象があると思います。

しかし、この十三駅にある『阪急そば若菜』は清潔感があり、立ち食いスタイルではなく、きちんと着席し、ゆったり食べる事が出来ますので、女性一人で利用する方も気軽に利用できると評判です。

そして今、注目を浴びているのはコレです!

出典旅人間

うそー!!と思う人もいると思いますが、
「フライドポテトがそばの中にドカーン!」そんなメニューが新しく出来ました。

十三店と言えば、このオリジナルメニューにも注目

出典旅人間

この店は、どのメニューも安くて美味しいと人気ですが、特に人気あるメニューは、十三店オリジナルの「どて焼きうどん」。
牛筋とコンニャクがじっくり味噌で煮込まれた出汁が美味しいと評判の一品ですよ。

これは寒い日に食べたいメニュー

出典旅人間

駅構内の「うどん&そば」と言って侮るなかれ!!
これがなかなか美味いのです。

駅構内の蕎麦屋と言っても本格的なのです

出典旅人間

十割そばが食べれるなんて!
駅構内の蕎麦屋さんも、今や本格的な時代。本当にスゴイですね。

ん?なんだ、このセットメニューは…

出典旅人間

セット「かやくご飯」は大阪と言う地域性を考えれば納得ですし、「天丼」のセットも理解できます。しかし、この「オムライス丼」ってメニューは実に不思議。

蕎麦のセットにオムライスと言う発想が面白いと思いませんか♪
このアンバランスが、逆に食欲をそそりますね。

止まらない!気になるメニューの数々

出典旅人間

そば屋にせよ、うどん屋にせよ、「オムライス」をメニューで見かけません。
仮にあったとしても、中心的存在ではないと思いますが、この店での「オムライス丼」の存在感はとにかく大きいのです。
また、「わらじカツ丼」のボリュームも気になるところです。

しかし、このメニュのインパクトが一番!

出典旅人間

魅力的なメニューが多い十三店ですが、やっぱりダントツにインパクトある『ポテそば』は食べておきたいもの。数多くの誘惑を振りほどき、ぜひ注文してみましょう!

発売初日、関東方面からのお客さんが急増!

出典旅人間

店内ではお客さんの大半がこの『ポテそば』を注文していますので、注目度の大きさがをヒシヒシと伝わってきます。

さて、この『ポテそば』ですが、発売前に全国ニュースで流れた影響も大きく、初日は大阪府民以外の利用客も多かったようです。特に出張で関東から大阪に来ているサラリーマンが多く立ち寄ったそうですよ。「大阪人は蕎麦にフライドポテトを入れて食べてるよ」なんて話題に花が咲いているかもしれませんね。

ポテトと蕎麦は別々にも食べることも可能です

出典旅人間

蕎麦の中に「フライドポテト」が入っているなんて想像できない!と言いながらも、興味で少し食べてみたいと言う人が大半なはず。
そんな場合はご安心を。注文時には「フライドポテト」と「そば」は別々になっていますので、恐る恐る食べたいと言う場合でも大丈夫です。もちろんポテトだけそのまま食べることも出来ます。

しかし、せっかくなら「そば」の上に「フライドポテト」をドバァ~っと一気にのせて食べてみましょう!

蕎麦の上にフライドポテトをのせましょう!

出典旅人間

「立ち食いそば上級者はコロッケそばを頼む」

こんな話を聞いたことはありませんか?賛成論と反対論と様々あるようですが、この食べ方を強く支持をしている人は少なくないようです。この「ポテそば」は、なんとなく「コロッケそば」に似ているように感じます。

フライドポテトの塩分、油っぽさが絶妙なバランスを♪

出典旅人間

さてさて、お味の方ですが…

蕎麦は関西独特の風味ダシ。そして、フライドポテトは塩分控えめで揚げたて熱々!(この塩分控えめと、揚げたて熱々は大きなポイントです)

このポテトを蕎麦の上にドバァ~っとのせて食べてみると、確かに心地よい塩分、そして天ぷらそばを食べる時に感じるあのコッテリ感がダシに調和する。これは確かに美味しい!蕎麦にフライドポテトの相性は悪くありません。
ただ、「蕎麦の中にポテトを入れてみたら」を想像しイメージしたままの味でもあります。良い意味で、全く違和感なく食べられますので、ぜひお試しを!

全国ニュースにも流れ、ツイッターでも話題!!
さぁ~、十三駅に話題の「ポテそば」を食べに行ってみましょう♪

この記事を書いたユーザー

タビザラシ このユーザーの他の記事を見る

旅と食べ歩き好き。珍しいもの、新製品、ヘンテコな雑貨に興味津々。お洒落やファッション系は苦手。spotlightプラチナ公式ライター

権利侵害申告はこちら