2月6日夜の、新・情報7daysニュースキャスター内の特集で、『叱られたい若者が急増』という特集が組まれており、その中で、とても気になる言葉を聞きました。それが、『おっさんレンタル』なるもの。

特集については、大まかにいうと、叱られたい人と叱りたい人の本音と悩み的なことについて、最近は、様々な形があるということを紹介しているような感じでした。

なので、厳密には『おっさんレンタル』と『叱り』がイコールでつながっているわけではないのだけど、『おっさんレンタル』を利用する人に、『おっさんに叱ってほしい』と要望する人が増えているということで、特集の中で象徴的に使われていました。

『おっさん』こと西本貴信さん

出典 http://ossanrental.thebase.in

と、少し話がそれましたが、なんともキャッチ―な言葉である『おっさんレンタル』は、その名の通り、1時間1000円で、47歳のおっさんをレンタルできるサービスだそう。

ただし、47歳のおっさんと書いたのには、わけがあって、〝注文〟できるおっさんは、47歳のおっさんのみ! 本業がファッションプロデューサーの西本貴信さんがはじめた『おっさんレンタル』は、テレビを見ただけではわからなかったのですが、どうやら現在までおひとりでそのサービスを提供している模様なのです。

だから、たとえば、こんなおっさんを呼びたいとか、あんなおっさんと話したいという、少しいかがわしいようなサービスを期待して待ち合わせをするということではなく、はっきり言えば、『西本さんレンタル』ということのようです。

しかし、サービス開始から、たった一人にもかかわらず、すでに1000人程度のニーズに応えているとのことなので、きっと、その経験から、利用者を十分に満足させるテクニックをおもちなのかもしれませんね。

話題のツイートでも上位に!

注文は、希望時間の数量を選んでカートへ!

ホームページでは、『遊ぶのも良し、話すのも良し、パシるのも良し、暇つぶしにいかがですか?』とか、『レンタル方法は簡単!このおっさんをカートに入れるだけ♪』などと、本当に〝商品〟を選んで注文するような感じで紹介されています。

さらに、『1時間レンタルの場合数量1とカートにいれてください♪ 2時間なら数量2♪』と書いてあり、注文用のプルダウンもしっかりと完備。

シュールな感じもしますが、この時代だからこそ需要があるのかもなぁなんて思える、不思議なサービス。

『叱ってほしい』若者にも、『背中を押してくれるようなアドバイスが欲しい』あと一歩が踏み出せない人にも。

『ちょっとした悩みがあるけど、存在が近すぎる友人や家族には話しづらい』人でも、『誰にも話せない家庭内の愚痴を聞いてほしい』人でも。

利用者の思いの分だけ、『おっさん』は、大きな心で、話を聞き、アドバイスをくれるのかもしれませんよ。

この記事を書いたユーザー

モリノミアラ このユーザーの他の記事を見る

笑う門には福来るをモットーに、野球と銀魂と競馬、さらにコーヒーとスイーツとにゃんこを生きる糧に、漫画・アニメ・ゲーム・ドラマなどをこよなく愛する呑気モノ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス