約5億7千万年前、海中に多くの多細胞生物(動・植物)が誕生しました。また、この頃、大気中の酸素がオゾン層を作ったと言われており、そのおかげで、その後、オゾン層が紫外線を遮り、生物が陸地へと移動していくわけですが…

そんな5億7千万年前から現在までの、生物の歴史を、たった60秒で紹介してしまう『LIFE ON EARTH IN 60 SECOUDS』という動画が話題になっていたので紹介したいと思います。

なお、この動画、BuzzFeedが制作したもので、生物の姿や時間軸等、見ていて飽きない仕上がりとなっていますので、生物の誕生から人間が誕生するまでの濃厚な60秒間。是非、お楽しみ下さい。

5億7千万年前『―節足動物』が誕生

5億3千万年前『魚類』が誕生

4億7千5百万年前『陸上植物』が誕生

4億年前『空を飛ぶ昆虫』が誕生

3億7千万年前『両生類』が誕生

3億2千万年前『爬虫類』が誕生

2億2千5百万年前『恐竜』が誕生

2億年前『哺乳類』が誕生

1億5千万年前『鳥類』が誕生

1億3千万年前『被子植物』が誕生

5500万年前『サル目』が誕生

1400万年前『猿人類』が誕生

250万年前『ヒト属』が誕生

20万年前『新人類』が誕生

では動画をご覧下さい!

出典 YouTube

いかがでしたか?

よく、地球誕生45億年を24時間に直した場合、人類誕生は午後11時58分頃(地球誕生を午前0時0分0秒とすると)という地球雑学が、ネットでたびたび話題になりますが、生物の誕生を交えれば、より、人間の誕生がつい最近であるかが、実感できますよね。

地球はまだまだ進化の途中。今後、人間に変わる生物が誕生し、この『LIFE ON EARTH IN 60 SECOUDS』に新たな“ジャンル”が追加される日がくるかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス