「社畜」って言葉、ご存知ですか?

「社畜」という言葉に過敏に反応する。

出典筆者

もうこのページを開いた時点で、「あるある」の始まりでしょう。

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマンの状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語で、

「会社人間」や「企業戦士」などよりも、皮肉が強く込められている言葉である。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

知ってるはずの言葉のWikiに頷いてしまうのも、きっと。

定時後に食料を買いに出かける。

出典筆者

これはもうテッパンです。

そこでばったり同僚に会う。

出典筆者

18:30前後の会社近くのコンビニったら、ないですね。

仕事が終わっても、帰りにくい。

出典筆者

定時は過ぎてるんです。過ぎてるんですけど…

「何か手伝えることありますか…?」

出典筆者

そしてつい口にしてしまう、この一言。

久しぶりに夕日が見れた!これから会社の飲み会だ…

出典筆者

陽の長い夏によくあります。

繁忙期は土日も空けておく。

出典筆者

「明日出れる?」「あ、予定ないんで大丈夫ですよ…!」

キツイな、栄養ドリンク買って出社しよう。

出典筆者

リポDを堂々とデスクで飲むようになった時、社畜の実感を得ました。

久しぶりの買い物、「ん、これ仕事で使える!」

出典筆者

都会に出ても、文房具ばっかり買ってましたね。

いかがでしたか…?色々考えてしまう人生ですが、社畜な時期があっても…悪く…ない…ですかね。ちなみに万が一「社畜」になりたい方がいらしたら、こちらの会社なんかをお勧めします。この会社、スゴイです。

この記事を書いたユーザー

まも このユーザーの他の記事を見る

パン屋巡りとサッカー・フットサルが趣味。出版社での編集職を経て、現在ライター2年目。プライベートでは競技フットサルチームのスタッフとしても奮闘中。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス