どこのご家庭にもある料理用の’白い粉’で、汚れない・手につかない・匂いがない粘土を作ってみませんか?作り方はとても簡単。冷蔵庫で保存ができて再利用もOK!お子さまにも安全な手作り粘土のレシピをご紹介します。

真っ白なお粉を使います

重曹

出典 http://wellness-creation.net

ベーキングパウダーでもOK

コーンスターチ

お水

きらきらグリッター

出典 http://100-king.blog.jp

ダイソーのグリッターのり

出典 http://minkara.carview.co.jp

ネイル用のグリッターでもOKです。

分量

*重曹1カップ200CC

*コーンスターチ100CC

*水75CC

※この分量で直径10㎝ほどの粘土の塊ができます。この対比で調整してください。

粘土の作り方

まず注意して欲しいのは、あっという間にできるのでコンロから目を離さないでください。上の材料をお鍋に入れて火にかけます。

出典 http://www.growingajeweledrose.com

焦げないように泡だて器でずっとかき回し続けて下さい。お鍋を火から10㎝ほど離した状態でかき回すのが焦げつかないコツ。マッシュポテトを作るようなイメージで・・・。ポテトと同じような硬さになったら火から降ろします。

中身をボールに入れ、お好みでグリッターを適量入れながらかき回します。

ボールから取り出し、ひとまとめにして冷まします。グリッターが煌めいてとてもキレイ☆

出典 http://www.growingajeweledrose.com

グリッターの量を多めにするとこんなに素敵に…。このままでも十分可愛いでしょう?

出典 http://item.rakuten.co.jp

ここでとっておきのアイテム登場!クッキー型・雪の結晶。

雪の型はなかなか手に入らないので、おうちにあるお好きな型で構いません。クッキーを作る要領で粘土を抜きます。

出典 http://www.growingajeweledrose.com

自分のお好みで穴を開けたりお花や小さなボタンで飾り付けてもステキです。粘土を作る過程でグリッターを入れずに、出来上がった粘土の上から散らしても可愛いですよ☆

粘土の残りは保存容器に入れて冷蔵庫に

何度でも再利用できます。食べないように注意してくださいね。

お菓子の材料だけでこんなに簡単に手作り粘土ができます。お子さまと一緒に楽しめる粘土クラフトに挑戦してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス