赤ちゃんはどこからくるの?

『赤ちゃんはどこからくるの?』お子さんをお持ちの方なら一度は聞かれたことがあると思います。神様が連れて来てくれたんだよ。パパとママが仲良しだからだよ。など、各家庭で色々な伝え方をしていると思います。

もちろんパパやママは赤ちゃんができる仕組みの知識はある程度お持ちだと思います。でもその知識、『セックスをしたから』や『精子と卵子が出会ったから』など漠然としたものではありませんか?

妊娠出産が奇跡といわれる理由

妊娠は健康な夫婦の間でも約20~25%の確率だと言われています。しかもこの数字は、生理周期が安定していて妊娠しやすい体質の女性の場合であり、実際は男女ともに体調やストレスなど様々な要因により、さらに低い確率になります。

昨今は「できちゃった結婚」が多い風潮にあり、簡単に妊娠できると思われがちですが決してそのようなことはありません。どんな妊娠も奇跡には変わりありません。

また妊娠しても何の問題もなく出産できるとも限りません。まさに妊娠し出産に至るのは奇跡なのです。

今回は生命の神秘ともいえる受精から出産までの女性の体内で起こっている奇跡をCGにて再現した動画をご紹介します。

放たれた精子が卵子を目指す

出典 https://www.youtube.com

放たれた約4億個の精子が、卵管で待っている卵子を目指して過酷なレースを繰り広げます。

子宮内の様々な障害を乗り越え進んでいく

出典 https://www.youtube.com

緊張感あふれる音楽とともに、卵子のもとまでの壮絶なレースを繰り広げるたくさんの精子。中には力尽きて死んでいくものも…。

卵子との出会い

出典 https://www.youtube.com

壮絶なレースを勝ち抜いてきた先には卵子が。卵子に出会える精子は数十~数百個だけ。

最後の試練

出典 https://www.youtube.com

卵子の近くにたどり着いても卵子はそのまわりを透明帯という精子にとっては分厚くて固い膜におおわれており、この膜を突破するのには精子の先端にあるヒアルロニデースという特別な酵素の働きが必要です。

しかし、一匹の精子が持っている酵素の量では透明帯を突き破ることはできません。何匹もの精子が透明帯にアタックした後、幸運な一匹が卵子の中にはいることができるのです。

2つの核の融合

出典 https://www.youtube.com

精子が卵子の中に入るとその後、数時間の間に赤ちゃんの設計図とも言える卵子と精子の遺伝子を持った2つの核が大きくなり、卵子の真ん中に移動します。そして最終的には2つの核が癒合して1つの核になり受精が完了します。

出典 http://ninkatsu.biz

着床

出典 https://www.youtube.com

出典 https://www.youtube.com

受精卵は卵管を下り細胞分裂を繰り返しながら子宮を目指し、たどり着いた受精卵は子宮内膜の奥深くへ潜りこんでいきます。

どんどん成長する赤ちゃん

出典 https://www.youtube.com

最初は魚の様な爬虫類の様な形をしている赤ちゃん。だいたい7~9週の妊娠が分かったころのお腹の中の赤ちゃんです。

出典 https://www.youtube.com

妊娠11週頃の赤ちゃんです。手足が伸び人間らしくなってきました。

出典 https://www.youtube.com

お腹の中でプカプカと浮かぶ赤ちゃん。へその緒で遊んだりあくびをしたり動きが活発になり、胎動を感じる方も多い時期です。

出典 https://www.youtube.com

妊娠末期。妊娠前と比べると、子宮の重さは約20倍、容量は800倍にもなります。逆子だった赤ちゃんも頭を下にし出産の準備に入ります。

陣痛の始まり

出典 https://www.youtube.com

規則的な子宮の収縮に顔を歪める赤ちゃん。陣痛の始まりです。陣痛が起こっている間は赤ちゃんも苦しいのです。

いよいよ出産

出典 https://www.youtube.com

出典 https://www.youtube.com

赤ちゃんは自ら骨盤に頭をはめ、4枚に分かれている自分の頭蓋骨を重ね合わせ、頭を細長く変形させ、骨盤の形に合わせて旋回しながら出てきます。ママと赤ちゃん二人がお互い力を合わせて出てくるんです。

CGから実写映像へ。感動のラスト

陣痛が始まり赤ちゃんの頭が出た後に実際の映像が流れます。それを見た瞬間今まで見てきたCG映像と繋がり、なんともいえない熱いものがこみ上げてきます。

妊娠出産はまさに奇跡。お子さんがいる方は我が子の存在がより愛おしくなると思います。

感動すること間違いなしの動画を是非見てみてください!

Miracle of life

出典 YouTube

なかったことにできる命なんてない

平成25年度の厚労省統計の人工妊娠中絶数は、18万6253件と前年度に比べ 5.3%減少したと報告がされています。しかし、二十歳未満ではいまだ増加の傾向にあります。

様々な理由があり産めない…という方は大勢いると思います。しかし、『やばい!できちゃったかも…』や『まだ遊びたいし無理ー』など、自らの意思で妊娠を避けられる状況にありながら、避妊をしなかったために望まない妊娠をしてしまい中絶をする女性がほとんどなのが現実です。

奇跡ともいえる小さな命。守れるようになるまでには色々な覚悟が必要です。

喜んで赤ちゃんを迎えられるよう男女ともに妊娠について今一度、真剣に考えていきたいですね。

この記事を書いたユーザー

むぎ太郎 このユーザーの他の記事を見る

どこにでもいるただの専業主婦です。
日々の出来事から気になるネタを探し、家事育児の合間にポチポチ書いてます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス