過激派組織「イスラム国」による、後藤健二さん・湯川遥菜さんの人質殺害事件は、私たち日本人にとって大変ショッキングで遺憾な事態となりました。この事件で、イスラム礼拝所「名古屋モスク」へ脅迫や嫌がらせ電話が相次いでいるそうです。

この件で感じる日本人のイスラム教への偏見と、イスラム国と無縁であることを改めて認識して頂きたく、現代のムスリム女子のファッションの話題を取り入れてまとめてみました。

名古屋モスクに嫌がらせ電話が続発!

名古屋モスクの代表役員、パキスタン人のクレシ・アドブルワハブ氏によると、嫌がらせ電話は、後藤さんの殺害動画がネットで流れた2月1日がピークで、この時は電話線を抜いた。

「日本から出ていけ」「家族構成は分かっている」といった内容で、愛知県の別モスクには「殺す」との脅迫もあった。名古屋モスクには「日本人の敵だ」と中傷するメールも送られ、警察に届け出た。こうした嫌がらせは、名古屋モスクが1998年7月に完成してから初めてだという。

出典 http://mainichi.jp

以前から偏見は強いと感じてきた。数年前に次男が小学高学年だった時、級友に「お前、爆弾巻いてるの?」と聞かれ、クラスが笑いに包まれたが、教諭は放置したという。次男はこれを機に一時、不登校になった。

出典 http://mainichi.jp

クレシさんら国内10カ所以上のモスクの代表者は先月末、「イスラム国」という名称がイスラムのイメージを不当に損なっているとして、同名称を使わないよう報道機関などに求める運動を始めた。

「『イスラム国』の名称を使えば、暴力的な宗教だとの偏見が助長される」と指摘する。英語の略称「ISIS」や「ISIL」アラビア語の略称「ダーイシュ」などの使用を呼びかけている。

出典 http://mainichi.jp

クレシ氏は「イスラムは平和の宗教であり、過激派組織とは無関係だと知ってほしい」と訴えている。

イスラム国という名称の変更を希望します

日本のメディアにおいて「イスラム国」と称されている過激派組織の行いは、イスラームの教えとはまったく異なるものです。イスラームにおいて、テロ行為や不当な殺人、迫害は禁じられており、また女性や子どもの権利は尊重されなければなりません。

「イスラム国」という名称にイスラムという語が入っているために、本来の平和なイスラームが誤解され、日本に暮らす大勢のムスリム(イスラム教徒)への偏見は大変深刻です。

(中略)
日本の皆さま、どうか「イスラム国」という名称の使用中止をお願いいたします。
※なお、ISILの行いがイスラームの教えに沿っていないことは、世界中のイスラーム学者たちが連名でISILに送った公開書簡に具体的に記されています。

出典 http://nagoyamosque.com

1月25日付けの名古屋モスクのサイトで「お知らせ」というタイトルで投稿されている。

イスラム教VS「イスラム国・ISIS・ISIL」の違いについて

そもそも、イスラム国・ISIS・ISILの違いをどこまで理解しているでしょうか?・・・筆者も宗教には無頓着ですが、世界三大宗教のひとつである「イスラム教」について把握するべきではないでしょうか。

イスラム国とは

イスラム国とは、2014年6月に、ISIS・ISILと呼称される組織が独自に宣言した国家呼称。組織側が自らを指す時に「イスラム国」と名乗るようになった。Islamaic Stateの略でISと呼ばれる。※国際的には承認されていない。

出典 http://news.livedoor.com

ISIS

イラク・シリア・イスラム国の略。イラク北部とシリアを中心とする地域で、イスラム教の樹立を目的として活動する武装勢力。活動家ザルカウィ氏が過激派組織「アルカイダ」の傘下として2006年に組織結成。現在に至るまで、多数の自爆テロ、誘拐、暗殺などの事件を起こしている。

出典 http://gipj.net

ISIL

イラク・レバノンのイスラム国の略で、同じくイスラム国家の樹立を宣言した組織の名称でISISと同義。オバマ大統領や国連、一部の報道機関がイスラム過激派組織を指す時に使用している。2015年1月26日、自民党では「イスラム国」ではなく、「ISIL」もしくは「いわゆるイスラム国」という表現を統一しようと申し合わせた。

出典 http://news.livedoor.com

イスラム教の普遍性は『平等』です。

日本人イスラム教徒は、総人口の1%以下と非常に少ない。希少なムスリムの一人であり、日本最大のモスクである「東京ジャーミー」に勤務する男性はこう言っている。

ムスリムの人口は世界で15億人といわれている。多くの日本人にとって、イスラム教は『豚肉を食べてはいけない』『ひげを生やしている』『断食など戒律が厳しく怖い宗教だ』と、よく分からない宗教だと思われがち。

イスラムの普遍性は『平等』です。イスラムは皮膚の色、民族(国家)、言語、血筋、階層などで人間の優劣をつけません。もしも優劣があるとすれば、それは各人の神を畏怖する心、敬神の念においてのみであるとしています」

出典 http://www.nippon.com

世界のイスラム人口

出典 http://www2.ttcn.ne.jp

インドネシア・パキスタン・インド・バングラディッシュとアジアの4か国が続く。インドネシアは世界最大のムスリムを抱え、人口は2億4千万人で、人口の87%を占めている。※2013年資料による

ムスリムの生活について

挨拶は「アッサラームアライクム」~あなたに平安がありますように

「アッサラームアライクム」は「あなたに平安がありますように」という意味である。これは一日中使える挨拶言葉であり、イスラム教徒だけでなく、誰にでも使える挨拶である。返事は「ワアライクムアッサラーム」で、これは「あなたにも平安がありますように」という意味である。

出典 http://www.ahmadiyya-islam.org

礼拝

礼拝はイスラム教の五行の内の一つであり、一日五回カーバ神殿に向かって礼拝を行う。その時間帯は以下の通りである。

1.日の出1時間前から直前まで行う
2.正午少し過ぎてから3時間行う
3.午後3時位から日没直前まで行う
4.日没直前に行う
5.日没1時間半くらいから夜中まで行う

出典 http://www.ahmadiyya-islam.org

断食(ラマダーン)

イスラム歴9月の新月の日から翌月の新月の日まで続く。通常29日か30日間である。この期間断食を行う者は、毎日黎明(日の出より1時間20分ほど前の時間帯)から日没まで、飲食物(タバコも含む)を全く摂取してはならない。また性行為も厳しく禁じられている。

出典 http://www.ahmadiyya-islam.org

ハラールとハラーム

イスラム教徒が食べて良いものをハラールという。反対に、食べることが禁じられているものをハラームという。日本に知られる代表的なのは、豚やお酒である。豚が禁止されているように、豚の混合物、例えば、乳化剤やゼラチン等も禁じられている。

出典 http://www.ahmadiyya-islam.org

祝日

イスラム教では毎週金曜日は宗教的な祝日として定められている。この日の正午には集団礼拝が行われ、イスラム教徒はモスクに集まって礼拝をしたり、イマーム(宗教指導者)の説教を聞く。

出典 http://www.ahmadiyya-islam.org

ムスリム人口世界一のインドネシアの現状は?

2005年から日系企業・日本人求職者のサポートを担当するジャカルタ在住8年の長野さんのレポートがある。現在、人口の8割以上をムスリムが占めるインドネシアでは、宗教について意外と寛容なようだ・・・。

インドネシアは世界一のムスリム人口を抱える国、人口の75%がイスラム教徒です。ただしインドネシア政府は宗教の自由を認めており、イスラム国家(イスラム教を国教とする国)ではなく世俗主義です。

インドネシアは言葉も文化も違う300ほどの民族が集まった国なので、イスラム教徒といっても民族性や地域性により、またそれぞれの家庭により、その信仰の強さ・深さはかなり異なります。以前、ムスリム女性が頭髪を覆い隠すための布「ヒジャブ」がブームになっていることを書きました。

イスラム教徒であってもヒジャブをつけていない女性も多く、全身をがっぽりと覆うような黒やグレーのヒジャブをつけている人はほとんど見かけません。ときどきマンションやモールで見かけますが、インドネシア人ではないことがほとんどです(おそらくアラブ諸国の方)。

宗教に対して寛容であるといったほうがよいのかもしれません。お祈りも1日5回できればするが、仕事などでできなければあとでまとめてやるという人もいますし、断食をしたりしなかったり、酒を飲む人もいます。豚肉を好んで食べる人はあまりいませんが、豚肉料理を扱っているレストランで働いていて、自分が豚肉料理を食べなければよいと考える人もいます。

私はジャカルタで10年仕事・生活をしていますが、インドネシアはイスラム教徒が多いから大変だなと感じることは実際ほとんどありません。

出典 http://diamond.jp

街にあふれる’ヒジャバーズ’

ここ数年、街中でヒジャブ女子が溢れるようになってきた。年齢問わず、競うようにオシャレなヒジャブを着けている。女優や芸能人がこぞってヒジャブを着けてテレビに出演するようになると、あっという間にヒジャブ大ブーム。オシャレなヒジャバーズが出現中だとか。

ヒジャブの巻き方は数え切れないほどあり、本や雑誌、ネットにも情報があふれています。ヒジャブの柄の流行は小花柄、アニマル柄、蝶や花などの大柄、水玉、エスニック柄など。

1枚の布で巻くスタイルはちょっと古く、顔に近いところで巻くものと、その上からふわっとかぶせる2枚使いが一般的。2枚の柄や色のコントラスト、素材なども楽しんでいる様子です。

 その他、長いスカーフを頭に巻いてその余りで顔の横に花を作ったり、大きなドレープにしてみたり、キラキラしたピンを着けてみたり。素材もシルク、サテン、コットン、レース、しぼりのものなどさまざまです。

 アラブ風・小顔効果を狙って、後頭部に大きな布で作ったコブを着けて、その上からヒジャブを巻くスタイルも流行っています。

出典 http://diamond.jp

イスラムの平和キャンペーン

イスラムの国際的な復興運動組織「マハマディア・ムスリム教会」は、「平和を望むイスラム」と「人間の命を尊ぶイスラム」というキャンペーンを2月7日からはじめるらしい。

今回、日本人のお二人が拘束され殺害された事に、深い悲しみと苦痛を感じます。またそのような行為が、イスラムの名において行われた事で、私たちムスリムの心の痛みが一層増します。この行為は、人々の心に不安の種を植え付け、混乱を巻き起こすことです。このような悲惨な状態を見ると、心に痛みを感じ、平和を取り戻すように努力をしなければなりません。

出典 http://www.ahmadiyya-islam.org

最後に

後藤さん・湯川さんを殺害したイスラム国の過激な行為は、人として非道で断じて許し難い行為です。しかし、イスラム国を名乗る過激派組織とイスラム教は全く異なります。名前による負のイメージは影響が大きい・・・と、名古屋モスクのクレシさんは必死に呼びかけています。

日本人は無宗教が多数なので、キリスト教やイスラム教にある意味無関心で、知らぬが故の勝手な固定観念を植え付けているように感じます。

筆者は決してイスラム教支持者ではありません。けれど、イスラム教をもう少し理解するべきではないでしょうか。インドネシアでは意外と宗教には寛容で、日本と変わりなく女性はヒジャブをトレンドにしている身近なところに共感を得ました。

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス