二つの容器を、互いに高所から繰り返し注ぎ合うことにより、紅茶とコンデンスミルクを完全に混ぜ合わせ、紅茶に、より”良い風味を与える”というテータリック(ミルクティー)。

そんな、マレーシアや、シンガポールでよく見られるテータリックを、和やかな雰囲気で作っているのは…

ペンを持たないアーティストして有名なマレーシアのアーティスト”Hong Yi”さん。彼女は過去に、割り箸で作ったジャッキー・チェン氏の肖像画や、花で作ったスー・チー女史の肖像画等で世界中の注目を集め、現在、期待のアーティストとして注目されているのですが、そんな彼女が今回、制作した作品。それはなんと

2万個のティーバッグで作る巨大アート!

想像を絶する作業ですが、彼女は一つ一つ、ティーバッグを水に浸し、微妙な色合いを作っていきます。

木枠で作った額縁に…

色味の違うティーバッグを、調整しながら設置していく工程は

途方もない作業ですが

何かに取り憑かれたように、黙々とこなすHong Yisさん。その集中力は半端ではありません。では、2万個のティーバッグで作った巨大アート。ご覧下さい。

『Teh Tarik Man』

作品名は『Teh Tarik Man』でして、冒頭に紹介した”テータリック”を作っている男性を描いた作品。一つとして同じモノがない、ティーバッグの色合いを見極め、作品に仕上げるとはまさに圧巻です。

彼女が横にいると、その作品の大きさにも驚かされるのではないでしょうか?

出典 YouTube

ペンを持たないアーティストして世界中から注目が集まるHong Yiさんの作品の数々。割り箸で作ったジャッキー・チェンをはじめ、センスと根気で作り上げた作品は、一見の価値があるものばかりなので、気になった方は、是非一度ご覧下さい。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス