毎朝、快適に目覚めていますか?

出典 http://ameblo.jp

ついつい二度寝や寝坊をしてしまう。寝起きが悪い。目が覚めるけど調子がイマイチという方に必見。今日は、快適に目覚めるための10の方法をご紹介致します。

その1:起きる時間をサイクルに基づいて決める。

出典 http://www.tartcherry.jp

私たちは、レム睡眠・ノンレム睡眠を約90分サイクルで繰り返しています。ということは、サイクルの切れ目の90分後に、起きる時間を設定すると良いわけです。でも、睡眠時間が90分というのは非現実的。90分サイクルとは、1時間半・3時間・4時間半・6時間・7時間半…と、言う90分を1サイクルにした時に、何サイクル眠るかを決める必要があります。

※【レム睡眠】

・浅い眠りで身体は深く眠っているのに、脳が活発に動いている状態

【ノンレム睡眠】

・深い眠りで脳も身体も休んでいる状態

その2:目覚まし時計は1回だけ掛ける。

出典 http://www.lifehacker.jp

目覚まし時計が1回しか鳴らなかったら、遅刻してしまう!と言うのは、実はウソ。何度も目覚まし時計が鳴るから大丈夫と、体はどこかで覚えてしまっています。本当に起きられないのであれば目覚ましを10回掛けても目は覚めません。

目覚ましを5回鳴らして5回目に起きられているのであれば、1回だけ鳴らして1回めに起きることも出来るようになります。私もこの方法で朝起きられるようになりました。

その3:起きあがる前にベッドでストレッチをする。

出典 http://health.kihon.jp

朝、起きられるものの、頭がぼーっとする。ということはありませんか。これは脳が完全に覚醒していない証拠であり、ストレッチで脳への血流を増やすことで覚醒を促す効果があるのです。

寝たままで腕を伸ばしたり、足の指を動かしたり、できる事を少しずつやってみてください。思った以上にスッキリと目覚められますよ。

その4:寝る30分前からはデジタル機器から離れて眠る準備を。

Licensed by gettyimages ®

寝る直前までPCをやスマホを触っていると、目が冴えてしまい眠気を感じにくくなる方もいらっしゃいます。寝る時間が近づいてきたら、パソコンやスマートホンなどから離れて、部屋を暗くして、リラックス。

眠る準備を整えて、スムーズに睡眠が取れる体制を整えましょう。

その5:寝る前に半身浴でリラックス。

Licensed by gettyimages ®

寝る前に有効なのは、熱すぎないお湯で、ゆっくり半身浴をして体を温めること。寝る直前に熱すぎるお湯に浸かると、ダイエットには良いですが、体が熱く、活性化をするため、快適な睡眠・朝の目覚めにはちょっと不向き。

快適に眠り、快適に目覚めるためのリラックスタイム。お風呂も積極的に活用しましょう。

その6:寝起きに1杯の水。を習慣化する。

Licensed by gettyimages ®

朝、起きてお水を1杯飲むと体の中をきれいに保つことが出来ます。ベッドの近くにお水をおいて、起きたら水を飲む。という習慣が出来ると、体の中も綺麗になるので、目覚めも自然と良くなってきます。

その7:早起きのご褒美を作る。

Licensed by gettyimages ®

快適に目覚めるということは、朝。ぼーっとする時間が限りなく少なくなるということ。つまり、「人生の自由な時間」を増やすことが出来ます。朝は10分でも貴重な時間。毎朝すっと、快適に目覚めて30分の時間が出来たら、朝食をゆっくり戴いたり、ウォーキングをしたりと、愉しみはどんどん広がりますね。

その8:休日でも夜更かし・寝だめはしない。

Licensed by gettyimages ®

休みの日ぐらいゆっくり…。実はこれが睡眠サイクルをずらしてしまう一因にも。休日にたくさん寝たい場合は、「平日の睡眠時間+2時間」を上限として、睡眠バランスを一定に保つことが「快適に目覚める」上で、とても大切です。

その9:起床後、少し熱めのシャワーを浴びる。

Licensed by gettyimages ®

快適に目覚める。とはいえ、目が覚めた後も、少しぼーっとしてしまう日もあると思います。そんな時は「起床後、少し熱めのシャワーを浴びる」ことがおすすめです。熱めのシャワーで体の血行を良くすることで、気分もすっきりしてきます。

その10:寝起きに太陽の光をしっかり浴びること。

Licensed by gettyimages ®

日焼けが気になる方も、朝は太陽の光を浴びることをお勧めします。私たち人間の体は、25時間サイクルで出来ていて、実は何もしないと睡眠サイクルが少しずつずれてしまうそうです。

そのズレを抑えるのにもっとも効果的なことは「太陽の光を浴びること」。睡眠サイクルを毎日リセットすることで、しっかりとした睡眠を取り、快適な目覚めに繋がります。

快適に目覚めるには、良い睡眠と生活習慣から!

出典 http://adgang.jp

快適に目覚める。今まで二度寝や寝坊をしていた方には、少しハードルが高いかもしれませんが。快適に目覚めるようになると、人生がもっとたのしくなります。ぜひ、快適に目覚める習慣を、手に入れましょう!

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス