”自分より強いやつを倒せ。" CMが流れたとたん大反響

手がけたのは、著名なCMプランナー

TUGBOATの多田琢さん。大和ハウスの「ダイワマン」シリーズやサッポロ黒ラベル「大人エレベーター」編など、印象に残るCMを創り出しています。

ペプシネックス ゼロ 桃太郎「Episode.ZERO」

出典 YouTube

監督は、CMディレクターの井口弘一さん

映像表現が上手で、キャラクターデザインに定評のある井口監督。独創的な衣装のデザインから壮大なスケールを生み出している風景まで、ほとんどを任されていたそうです。このCMで一躍脚光を浴びましたが、ほかにも損保ジャパン日本興和の関ジャニ∞出演のCMなどを手がけています。

ペプシネックス ゼロ「Episode.ZERO」TVCM MAKING

出典 YouTube

衣装デザインはレディ・ガガを担当するファッションデザイナー

井口監督のデザインスケッチをもとに衣装を作成したのは、アメリカで活躍中のAmi Goodheart(エイミー・グッドハート)さん。ほかにもファッションモデルのヘレナ・クリステンセンや女優のリディア·ハーストの衣装デザインを担当しています。

ペプシネックス ゼロ『桃太郎「Episode.1」』篇

出典 YouTube

BGMはThe Heavy( ザ・ヘヴィー )

イギリスのバースを拠点に活動し続けている、4人組のヴィンテージロックバンドです。CMで使われている楽曲のタイトルは” Same Ol’ “。音楽プロデューサー冨永恵介さんがロックでありながら演歌を感じさせるイントロに注目し、選曲したそうです。

ペプシネックス ゼロ[「Episode.1」 TVCM MAKING

出典 YouTube

小栗旬を起用した理由は“硬派!”

衣装や楽曲など海外の要素をふんだんに取り入れた作品ですが、桃太郎は日本人でと決めていたそうです。イメージする桃太郎は、背が高くて、“古き良き日本の硬派な雰囲気を持っているカッコいい男”。小栗旬さんがCMの世界観にピタリとはまっています。

マグマを思わせる鬼は、オーストラリアのCG制作会社が担当

ペプシの恐竜のCMを覚えているでしょうか。ダウンタウンがアフレコを担当したことで話題になりましたが、フルCGで描かれたリアルな恐竜を作り出した「ALT」が、今回もCGを担当しています。

ペプシネックス ゼロ 桃太郎「Episode.2」

出典 YouTube

「Episode.2」では、犬に隠された悲しい過去が

桃太郎とともに戦う「犬」にスポットをあてた”Episode.2”では、「犬」が桃太郎と出会うまでが描かれています。

ペプシネックス ゼロ「Episode.2」TVCM MAKING

出典 YouTube

CMに秘められたペプシのアイデンティティ

巨大な鬼に立ち向かう桃太郎。無謀とも思える相手にも、ひるまずに戦い続けます。コーラ市場の強敵”コカ・コーラに”に対して挑み続けるペプシと、重なって見えるのは気のせいでしょうか。そんなペプシのチャレンジ精神が、このCMからは感じられます。

「Episode.3」を待ち焦がれる声が

ほかの仲間の過去も明かされていくのか、今から楽しみです。続編の公開が待ち遠しいですね。

この記事を書いたユーザー

スマイル このユーザーの他の記事を見る

二人の娘をもつワーキングマザーです。
季節ごとのイベントや育児、流行りモノなど、自分が気になることを記事にしていきます。
よろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス