こんにちは。Spotlight編集部のMです。先日YouTubeを見ていたらこんな動画を見つけてしまいました。

出典 YouTube

彼女はモデル兼キックボクサーの野形仁美さん。彼女はジュニア・アスリートフードマイスターというアスリート向けの栄養学も学んだそうで、動画の中では、YouTubeを通してキックボクシングのことや食事についての情報を発信していきたいと言っていました。

そして、動画を見続けていると、最後にこのようなメッセージが添えられていました。

ぜひとも蹴られたい…

イニシャルがM・Mで、自他共に認めるドMな私は、「こうしちゃおれん!」と早速野形様に連絡することに。流石に蹴ってくれるなんて「ネタ」かなと少し思いましたが、なんとすぐさま返信が!

何通かやり取りを行った後、蹴っていただけるというありがた~いお知らせが来たのです。

モデル兼キックボクサーの野形仁美さん

私の至高時間を演出してくれる場所は目黒川沿いの一角。この日は天候にも恵まれ絶好の蹴られ日和。お天道様まで私に味方してくれています。

おしゃれカポーがコーヒー片手にデートするリア充のメッカで、小粋なおしゃれを楽しむ通行人に蔑んだ目で見られ、且つ、逆立ちしても足に触れることなんて許されない美しい御方に蹴られるなんて、もう、ドM冥利に尽きるというものです。

至福の瞬間はもう目の前に!

…ということでさっそくケツキックのお時間がやってきました!一般人の中で一番最初のオファーだった私は、名誉ある(?)初蹴りをありがた~くいただくことに…。

美人キックボクサーにケツキックされてみた1

出典 Vine

痛いっ

あれ…?

痛いだけで気持ちよくないぞ!?

美人に蹴られたのになんで気持ちよくないのだろうか。今までにない速さで私の頭の中が回転し導きだした答えは…

ポーズがいけない

これだ。

「ただ、立ってるだけではダメだ…もうすこし背徳的なポーズで蹴られなくては!」

そう思った私は、本来であればこれで終了なところを「泣きの1回」を懇願し、ポーズを変えて蹴ってもらうことに成功。喜べ、俺のケツ♥

美人キックボクサーにケツキックされてみた2

出典 Vine

選んだポーズは、立ち○○○。

あ”っ♪

さっきと音が全然違います!いい感じに気持ち良くなってきました!柵に手をついて、手が塞がれているというポーズも更に私の気持ちを高めてくれます。

「でもまだ何か物足りない…」

私の中のMが満足をしていない。どうしてだ?どうしてなんだ!?

そうか、屈辱感が足りないんだ。もっともっと、私めに屈辱を…。

美人キックボクサーにケツキックされてみた3

出典 Vine

「あ"っ♥

これです!そうです、この感じなんですっ!

野形さんも「四つん這いの人を蹴るのは初めて」と、若干戸惑っていましたが、綺麗にクリーンヒット!バンッという鈍い音は私の気持ちの奥深くに眠るドMのマグマをより目覚めさせてくれたのです。気持ち…よ・す・ぎ・るぅぅぅぅぅ!

蹴られて気持ちよくなった後に、色々と気になる質問をぶつけてみました。

モデルでキックボクサーをやっている方は他にいないと語る野形さん。この活動を通して、キックボクシングの楽しさを伝え、ダーティーなイメージを払拭していきたいと考えているそうです。

今後はケツキックした数世界一というギネス記録を目指して引き続き続けていくそうで、普段このようなオファーを受けてくれなさそうな著名人も蹴っていきたいと話していました。

ちなみに一番得意なのは、キックではなく右ストレートで、プロボクサーの亀田興毅さんのお墨付きだそう!ケツキック以外にも、求められればパンチも行うそうです。(その際の痛みについて、編集部は一切の責任を負いかねますのであしからず)

野形さんは2015年6月にディファ有明にて試合を予定しているそう。美人で強い、そんな彼女のガチな戦いにもぜひ注目してみてください!

ちなみに、こちらのケツキックですが、オファーが現在までで70通以上来ており、

「本気で蹴ってください!」

「ぼこぼこにされたいです!」

「野形さんのようなキレイな方に派手にぶっ飛ばして欲しいです!」

出典野形さん談

というような熱烈な(?)オファーもあるようで、こちらも日程が合い次第、順次蹴っていくとのこと。「野形さんに蹴られたい!」というドMな方はどしどし応募してみてください♪

そして早速、撮影した映像がYouTubeにアップされていましたので、こちらもご覧ください。

出典 YouTube

おまけ:美人キックボクサーにローキックされてみた

出典 Vine

最後にデザートとして、ローキックを頂きました。

お尻と違い、気持ち良さは一切なく、ただただ痛みが残りました…。

ちなみに近々、あの著名人も登場するそう。このケツキックは徐々に盛り上がりを見せてくれそうです。野形さんのますますの活躍にこれからも注目していきたいと思います!

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス