有給休暇は毎年消化できていますか?忙しすぎて消化できない、人が居なくて消化できない、周りの目が…など、さまざまな理由でなかなか休めないという人も多いのではないでしょうか?

そんな有給休暇に関して、旅行会社のエクスペディアが、「有給休暇国際比較国際比較調査2014」の結果を発表しました。

有給消化率の比較では、日本がこれまで7年連続で最低を記録していましたが、今年の調査では韓国が最下位となり、日本の連続最下位に終止符が打たれました。

世界の有給消化率

出典 http://welove.expedia.co.jp

この調査は計7,855名/25カ国に対して行われました。

政府の後押しも

厚労省によると、有休を取得できる日数のうち、実際に消化した割合を示す取得率(2013年)は48・8%。政府は20年に70%に引き上げる目標を掲げている。

出典 http://www.yomiuri.co.jp

このように政府の後押しなどもあることや、ライフワークバランスといった意識の浸透により、最下位脱出となったのではないでしょうか?

なかなか取れない人は多い

忙しくしている人はホントに毎年少なくない日数の有給休暇が消えていってるようですね…

本来はこうあるべき

本来はどんな理由があっても有給は取得できるはずなので、これが普通と言われるようになるのが理想的ですよね。

偉い人が積極的に休むと、下っ端も休みやすいです。

年度末が近づいてきて、忙しい人も多いかもしれませんが、有給休暇が消えてしまう前に積極的に休みましょう!

この記事を書いたユーザー

たつや このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • インターネット
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス