自由の女神「Statue of Liberty」について…

大きさも46mとさほど大きくなく、「圧巻!」とは言いがたいですが、ニューヨークに来たら最も見てみたいアメリカの象徴です。
有名すぎる女神像ですが、よく知らない方がほどんど…。勿論、自由の女神はただの大きな女神像じゃなく、そこには意味と歴史が詰まってるからこそ魅力的なのです。

世界を照らす自由…

自由の女神を見る前に知っていて欲しいことを簡単にご説明させてもらいます。米国の独立100周年を記念して、フランス国民が贈呈したもので正式名は「世界を照らす自由」といいます。

右手にたいまつ、左手に独立宣言書、左足は一歩踏み出し鎖を踏みちぎっていて、7つのとげがある王冠には7つの海と大陸を指していて「自由が世界に広まる」という意味が込められているそうです。今では世界遺産にも登録されています。

特にこういった象徴的なものは、そてについての情報を知ってから見るのと知らないで見るのは、見え方や感動が少し違います。

あらゆる所に女神様!?

そんな自由の女神がNYCには沢山、出没します!今回はニューヨークで見つけた7つの色んな女神を紹介。まずは、壁に描かれたペインティング!自由の女神に限らず、外壁などさまざまな場所にニューヨークらしいポップな落書きが街中で見かけられます。

しかし、やはり多かったのはアメリカをアピールするような国旗・自由の女神・イエローキャブ・アメリカのスターたちやオバマ大統領など…たとえ、日本人が落書きしたとしても国を表すような落書きはここまで多くはないかと思います。

早速空港から女神様がお出迎え♪

ニューアーク・リバティー国際空港の一部の壁紙。ニューヨークに降り立った瞬間から早速出会えます。
Welcome to New York(ニューヨークへようこそ)。
個人的な経験ですが、アメリカを訪れたときはバスの中や道を聞いた人、レストランや同じゲストハウスに宿泊していた人など、ところ構わず色んな人に「Welcome to America!」と男女問わず言われました。

なんだかフレンドリーな国民性と愛国心を感じますよね。それが嬉しくて私も日本で外国人に出会うと「Welcome to Japan」と勇気を出して言ってみたりもします。必ず喜んでくれるので、あなたも是非、声を掛けてみてください。

やっぱり欲しい!お土産たち!

自由の女神グッズのお土産もニューヨークのあらゆる所にありますが、やはり集中してあるのは、タイムズスクエア付近のお土産ショップ。ニューヨークで最も観光客が多いことから、ニューヨーク感を味わえる商品が沢山あります。

自由の女神を見るための船乗り場に売っていた王冠の被り物。購入までは写真撮影して遊ぶことも許されません。注意書きにも大きく表示しているので浮かれてかぶらないように...!!

観光バス。この上からタイムズスクエアなど様々な場所にいけるだけでなく、悠々とニューヨークの景色を楽しめます!

ニューヨークを盛り上げるパフォーマーたち!

アメリカ中にいる数多くのパフォーマー達の中には、やっぱり常にいらっしゃいます!
(リュックを背負ったちなみに後ろにはスパイダーマン)

あれ…?自由の女神が本当の姿に変身しました。しかし、ちゃっかりリュックもアメリカの国旗。さすが愛国心溢れる女神のパフォーマーですね。
このように少し街を歩けば色んな自由の女神たちに出会えます。自由の女神は、自由を愛するアメリカ人の象徴でもあるのかも知れません。

Liberty Enlightening the World.「世界を照らす自由」

女子旅ブログ(Link)

こちらも旅のヒントに良ければ、ご覧下さい。NYは勿論、アメリカのオススメスポットを中心に紹介してます。

この記事を書いたユーザー

マアサ このユーザーの他の記事を見る

大阪出身在住。アパレルのメーカーで企画営業として東京・大阪間で勤務していましたが、結婚するまでに海外へ自分なりのBIGTRIPがしたくて退職。その後、塾の講師をしながら自ら撮った写真を元に国内・海外情報・旅・カフェ・雑貨・ホテル・ライフスタイル等、女性向けの内容を発信するライターをしています。

権利侵害申告はこちら