イギリスの大手保険会社DialdirectのCM「The NoteBook」 をご紹介します。

本作は、南アフリカ、ケープタウンを拠点に活動するディレクター、Greg Gray(グレッグ・グレイ)氏によるもの。過去にはMTN「Clap」やVirgin Atlantic「Love story」なども手掛けた彼は、自然な演技を役者から引き出すことに定評があり、世界3大広告賞で受賞歴がある他、2008年には広告業界を専門に扱うWebサイト、Best Ads On TVが選ぶ“世界のディレクタートップ20”にもノミネートされるなど、名実ともにトップクラスの監督だ。

出典 http://white-screen.jp

著名なディレクターの作品のようです。

さて舞台はイギリスの普通の家庭。8歳くらいの男の子と赤ちゃんがいます。お母さんは家事に育児にてんてこ舞いです。もしかしたらシングルマザーかもしれません。キッチンやリビングも雑然としていて忙しさが伝わってきます。

出典 https://www.youtube.com

帰宅した男の子が、お母さんに大事な招待状を渡します。ところが電話がかかってきたり料理が気になったりで、お母さんは招待状を見てくれません。そこで男の子は思い立ちました。

出典 https://www.youtube.com

皿洗いを始めたのです!そしてタイトルにもなっている「The Notebook」(ノート)に自分が手伝った内容を書き留めていくのです。「皿洗い 15分」「ゴミ捨て 10分」といった具合に。アイロンかけではちょっと失敗してお母さんのブラウスが縮んでしまったようですがそれもご愛嬌。

「風呂掃除」「階段の掃き掃除」「犬のえさやり」「犬の散歩」など。合計120分にもなりました。

出典 https://www.youtube.com

彼は、手伝いをしたことでお母さんの時間を節約し、この120分を仕事でも家事でも赤ちゃんのためでもなく、自分のために使ってほしかったのです。
続きはこちらのCM(1分30秒)をご覧ください。

出典 YouTube

ナレーションは、「We know how precious every minute is, that’s why we won’t waste any of yours. Dialdirect, insurance made easy.」(1分1分がどんなに貴重なことか。だからあなたの時間を無駄にしてほしくありません。Dialdirect、保険で快適な生活を。)

多分、電話やネットで簡単に申し込みができることや、何かが起こった際の交渉ごとなどを引き受けてくれることから、時間が節約できる保険であることをアピールしているのではないかと思います。

子どもからこんなプレゼントをされたら、本当にうれしいですね。同時にちょっと反省もしてしまうかも。招待状は「うさぎとかめ」、「木」の役でしたね。学芸会のような発表でしょうか。親子のはじける笑顔で締めくくられています。

この記事を書いたユーザー

じゅじゅごん このユーザーの他の記事を見る

IT業界20うん年。ITのほか育児、料理、英語、日本語などに興味がある中高生2人の子を持つ母。

権利侵害申告はこちら