60年間連れ添った夫婦

出典 http://s3-ec.buzzfed.com

アメリカのミシシッピ州に住むブレランド夫婦。

夫ジミーさんと妻のビリーさんは1954年に結婚し、60年間夫婦として連れ添ってきた。

夫は牧師、妻は教師で小学校の校長まで勤めあげた。

真面目で、思いやりがあり、仲の良い夫婦として、近所の人達の間では知られていたようだ。

ある時、妻ビリーさんに病が襲いかかる

出典 http://www.nydailynews.com

転倒し腰を負傷してしまった妻のビリーさん。

腰の手術は成功したものの、長い不慣れな療養生活で、ビリーさんの脳に障害が現れ、記憶の低下までも招いてしまった。

そんなビリーさんの体を気遣い、夫のジミーさんは毎日看病していたという。

そして別れが訪れる...。

出典 http://yellowhammernews.com

家族の看病もむなしくビリーさんは83歳でその生涯を終えてしまう。

その人柄が偲ばれるように、彼女の葬儀には何百人もの参列者が訪れたという。

60年もの間連れ添った夫のジミーさんも悲しみにくれていた事だろう。

妻のビリーさんは夫にある手紙を残していた

出典 http://www.nydailynews.com

彼女は夫にある手紙を残していた。

その手紙がいつ書かれたものかは定かでは無いが、文面からは自分がもう長くはないであろうという事が見て取れる。

手紙は小切手帳の中に混じっていたという。

夫婦の孫のクリフさんという方がこの手紙に感動し、SNSに投稿した所、大きな反響を呼んだのだ。

それがこの手紙

出典 http://www.nydailynews.com

「私が死んだからといって泣かないでね!どうか笑ってちょうだい、だって良い人生だったもの!今私はとても幸せな場所にいるってこと、知っているでしょう?また会えることもわかっているでしょう?そこでまた会いましょうね!」

出典 http://irorio.jp

この手紙は多くの人達の心を打った。

出典 http://www.aufeminin.com

孫のクリフさんが手紙をフェイスブックに投稿した所、たくさんの人がこれをシェアし、多くの反響を得たそうだ。

しかしこの手紙に一番救われたのは夫のジミーさんであろう。

60年間連れ添った連れ合いに先立たれる。

その悲しみは計り知れないものだが、きっとこのメッセージに救われたであろう。

ジミーさんに寿命が訪れた時、ビリーさんが今いる幸せな場所で、二人は再び出会い、永遠に幸せに暮らしていくに違いない。

この記事を書いたユーザー

ハイエナさん このユーザーの他の記事を見る

動物、自然、三面記事。世界のあっと驚く事や感動的な事などをテーマに取り上げてます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス