やっと迎えた休日…

しかし、お出かけ先に頭を悩ませるパパ&ママも多いのではないでしょうか。

広~い敷地に、遊具あり、アスレチックあり、動物園あり、しかもお財布に優しいナイススポットをご紹介します。

出典齋藤アキコ

「松本市アルプス公園」は、長野県松本市にある自然公園。

東京から、特急あずさ又は高速バスで約3時間~4時間。週末ともなれば多くの家族連れで賑わう、近隣随一の人気を誇る公園です。

公園内には広大な芝生広場、無料のマレットゴルフ広場、小さなお子様も楽しめる遊具、ちょっと大きいお子さんにピッタリのアスレチック、ローラーコースターに動物園と充実の施設。しかも上記はぜ~んぶ無料で楽しめるのです!

出典 YouTube

出典 YouTube

松本市内の幼稚園・小学校では、遠足と言えばアルプス公園というほど何度も行く公園ですが、無料の駐車場完備、入場はもちろん山羊やモルモットとの触れ合いもタダ!ということで、最近では大型連休に県外からの家族連れも目立つようになりました。

関東より少し遅れてやってくる春には、歩道を彩る満開の桜が楽しめ、夏は冷たい湧水を利用した遊水池で安全に水遊びを、秋には紅葉を眺めながら芝生広場でピクニック、冬は雪遊びや傾斜地でソリなどなど…四季を通じて楽しむ事ができます。

お弁当いらず!?名物バケツジンギンスカン

アルプス公園入口近くにある「まきば山荘」。店内でもラーメンなどをいただくことができますが、せっかくなら青空の下で食事を楽しみたいですよね。こちらの名物は、バケツジンギスカン。その名の通り、バケツの上にジンギスカン用のプレートを乗せてBBQを楽しむことができます。

食材から固形燃料まで揃って、最後はごみをバケツに入れて返却するだけ。遠くから遊びに来ても、準備いらずでBBQを堪能できますよ。こちらのまきば山荘では、ソフトクリームをはじめ、時期によって唐揚げなどを店頭販売している事もあるので、お弁当やBBQのプラス一品にも重宝すること間違いなしです。

回数券を買っちゃうかも!?アルプスドリームコースター

アルプス公園の人気アトラクションといえば「アルプスドリームコースター」です。

こちらは有料施設ですが、休日ともなると長蛇の列ができるほどの人気。斜面を利用して作られたコースは全長630m、緑の中をローラーのついたソリで滑る爽快さは格別です。

大人と幼児は2人乗りできるので、小さなお子さんでもご安心を。手で操作するブレーキが付いているので、あんまりスピードが出るのは怖い…という方も大丈夫です。

出典 YouTube

東京からはもちろん、名古屋、大阪からも高速バスでアクセスする事ができるため、遠いようで意外と近い松本市。
松本城は国宝認定されており、連続テレビ小説の舞台にもなったりと、実は見どころも多くある町です。

子供を連れてのレジャーとなると、ついつい出費がかさむものですが、今度のお休みはちょっと足をのばして、無料ながら充実の施設と、溢れんばかりの自然の中で1日たっぷり遊んでみませんか?

この記事を書いたユーザー

齋藤アキコ このユーザーの他の記事を見る

WEB及び紙媒体のデザイン、それらに掲載する文章の作成などを職業としていましたが、妊娠を機に退職。現在は2児の母として育児と家事に追われる毎日です。子供もママもハッピーになる、そんな記事を主に書いていきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス