アメリカの文具会社が、ネットで求人募集をを掛けたところ応募者が多数集まった。ビデオチャットで面接をして行くと、採用担当者が過酷な条件を突きつけて行く・・・。「総現場監督」という役職付きのおいしい仕事は、かなり過酷な条件付きだった。

あなたはこんな厳しい仕事に耐えられますか?

担当者が語る「現場総監督の」待遇とは

●ほぼ立ち仕事で体力が必要

●週に135時間以上

●週7日1日24時間

●休憩時間はなし

●交渉力と交際力が必要

●医学と金融学と栄養学に長けている

●常に周りに気を払い、時には徹夜もあり

●私的な時間は諦めなければならない

●事実上休みなし

●年中行事は特に多忙

●役職手当は0、給料もなし

●完全無給

それっていったい誰よ?!

面接官はここでタネ明かしを・・・。みな「yes!」という表情で納得し、涙を溜めるシーンも。これは、母の日に「グリーティングカードを贈ろう」のメッセージで、昨年ネットでシェアされて話題になったので、ご存知の方も多いことでしょう。
実は、主婦の労働条件について、を考えさせる動画でした。

動画はこちら

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス