プロレスに欠かせないのが相手レスラーを煽(あお)るマイクパフォーマンス。

この煽りを「パワーポイント」を使ったプレゼン形式で行ったレスラーが登場して話題になっています。

チャンピオンに挑戦するにあたり、「KO-D無差別級王者になりたい」という研究テーマでプレゼンを行いました。

このプレゼンがポートフォリオ分析等を駆使しており、やたらビジネスよりなプレゼンなんです。

まずは、テーマのご紹介。

細かく右下に学籍番号を入れているあたりが素敵です。

次に、研究プロセスを紹介。なんだかゼミ生のプレゼンを見ているみたいです。

ぜひ煽りプレゼンをご覧ください。

出典 YouTube

ちなみに、この後の試合でスーパー・ササダンゴ・マシン選手は、プレゼン中で必ず勝てると説明した3回の垂直落下式リーマンショックを決めることに成功したようですが、試合には負けたそうです。

マーケティング戦略と実際は異なってくるものですね。

この記事を書いたユーザー

Black Panda このユーザーの他の記事を見る

Ameba公式ライター。ネットで話題のニュースや、裏技系、海外の気になった広告を中心にお伝えしていきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス