皆さまにとって、理想の女性像とはどんな女性ですか。

出典 http://womantype.jp

結婚をしたらお家で主婦をしながら子育てをする。一生、お仕事に邁進をする。キャリアなんて考えたこともない。

いろいろな考え方の方が居ることでしょう。

でも、日本は数十年前と今では大きく異なることが有ります。

男女雇用機会均等法による、女性の社会進出

出典 http://www.amazon.co.jp

男女雇用機会均等法が制定されるまで、女性は「結婚をしたら家庭に入る」こちらの考えの方が多かったと思います。

でも今は、本人の希望や家庭の事情など、理由は様々ですが、結婚や出産後も仕事に復帰をする方も増えています。

終身雇用制度が破綻しつつある。

出典 http://www.englishbird.net

大企業では、まだまだ終身雇用制度が好まれる傾向にありますが特に中小零細企業では、終身雇用制度が破綻していることを実感します。男女差による給与の差も無く、実力主義に変わっています。

日本も少しずつ、「長く働けばどうにかなる」時代ではなくなりつつあります。

分かっているけど、はっきりした理想を描けない。ということはありませんか。

出典 http://irorio.jp

すでに海外の方と頻繁にやりとりが有る方、世界で活躍している方に「理想の生き方は?」「理想の女性は?」とお伺いすると、はっきりとした解答を戴けることが多いです。

一方、お仕事やプライベートでも人との繋がり、海外との関わりが少ない方におなじ質問をすると、解答が無いこともしばしば。

会社でも仕事に興味がなく「結婚して主婦になりたい」という方、ご自身のキャリアについて考えたことも無い。という方も居らっしゃいます。

でもそれは、けして珍しいことではありません。理想の女性が周囲に居ないだけです。今日は、これからの日本女性の生き方のお手本になるであろう方をご紹介致します。

モナコ公国在住:畑中由利江さん

出典 http://media.yucasee.jp

モナコ公国在住の…。と聞くと、もともと政治家や皇族のお生まれかしら。と、考える方もいらっしゃるかもしれませんが、畑中由利江さんは、ごく普通の家庭にお生まれになられた方です。

畑中由利江さんのご経歴(ブログより抜粋)

大学を卒業後、スイスのフィニッシングスクール「ヴィラ・ピエールフー」卒業。パリのコルドン・ブルー修了。 帰国後、2003年の出産直後、南青山にサロン形式のスクール「エコールド プロトコール モナコ」を設立。

日本のテレビのリポーターとしてモナコ公国王室にてアルベール王子(現大公)にインタビューするなど現在、日本のプロトコールの第一人者として注目を集め、日本とモナコ公国を行き来しながら、両国の文化交流コーディネーターとして活躍中。
TV出演:金のA様X銀のA様、ソロモン流など。

著書に『美オーラ』(幻冬舎刊)、『気品の教科書』(大和出版刊)、「舞踏会に行きたくなったら」(青春出版)、自分を輝かせるための7つのレッスン(インデックス・コミュニケーションズ)がある。

フィニッシングスクール:エコールドプロトコールモナコでは…。

出典 http://blog.livedoor.jp

2003年にフィニッシングスクール:エコールドプロトコールモナコを設立後、現在までに約、延べ1万人の方がスクールのレッスンを受講されています。

受講者は経営者、政治家、著名人の他、私たち会社員や主婦、学生、これから海外に行かれる方、すでに世界で活躍されていらっしゃる方等。年代も10代~80代までの幅広い世代に支持をされている。

スクールのレッスンは受付開始とともに満席になることも珍しくなく、近年では女性だけではなく男性のレッスンや「南仏お料理レッスン」「世界で活躍できる女性のルール」を、受講出来るプログラムも始まり、人気を博しています。

そんな素晴らしい方なら、何をやってもうまくいく?

出典 http://itmama.jp

そんなことを思われるかもしれませんが、畑中由利江さんは、ご家庭をお持ちの一児の母でもあります。モナコ公国では主婦・母親としての生活も、とても大切になさっています。お手伝いさんを雇わずに、家庭のことを両立しながら仕事に向き合う姿勢は、まさにこれからの日本女性のお手本をなるのではないでしょうか。

仕事も家庭も、どちらも充実させる生き方は充分に可能です。私たちはそのエッセンスを、畑中由利江さんから学ぶことが出来ます。

仕事もプライベートも、自分の理想を求めていく。

出典 http://shop.gnavi.co.jp

つい最近まで、特に女性の私たちは「仕事かプライベートか」の、どちらかを選択することが多い時代でした。

でも今は、努力をすれば両方とも充実させることが出来る時代になりました。大変かも知れませんが、自分で選ぶことが出来るのは、愉しいものです。ぜひこの機会に「理想の女性」「理想の生き方」について、考えてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス