2014年は「ギタ女」「ギター女子」が盛り上がりを見せました。yuiやmiwaに続けと『ギターを抱えて“ジャカ弾き”しながら歌う女性アーティスト』が続々と注目を浴びています。

そんな中、個人的に注目しているのが、“しおんぬ”こと辻詩音。いえ、ずっと夜中のFM番組を聴いていてハマったのですよ。ちょうど仕事終わって帰宅してお風呂上がって缶ビールをプシュッとする頃、聴こえてくる彼女の声にどれだけ癒されてきたことか。

辻詩音って?

出典 YouTube

1990年1月10日、横浜生まれ。

幼少の頃から書き溜めた詩のストックはノート100冊以上。15歳の時ギターを覚え作曲を始める。

キャッチーなメロディに自身の心の叫びを表現した詞。その楽曲は人を惹きつけてやまない。

出典 http://tsujishion.net

歌ってる時の声としゃべってる時の声、両方いいのですよ。

全国各地からオファーの絶えないLIVEでは、一瞬でオーディエンスを虜にしてしまう。

2008年11月メジャー・デビュー。

全国のテレビ・ラジオ46局でパワープレイ獲得(10代女性ソロ・アーティスト史上最高記録)

第2回レコ直♪新人杯グランプリ受賞

出典 http://tsujishion.net

『Candy kicks』

出典 YouTube

第2回レコ直♪新人杯グランプリ受賞曲です。

HOT けない!!イタズラなシンガー・ソングライター。

出典 http://tsujishion.net

いぇい!

『卒業のうた』

この数十分、「卒業のうた」について書こうと思い何度も書いては消して、を繰り返していたんだけど上手くまとまらなくて。

出典 http://ameblo.jp

出典 YouTube

1月7日リリースの新曲『卒業のうた』。

でもね、なんだか歌詞の一行一行がこの数年わたしの重ねてきた一日一日のようなんです。

周りの方たちに「これは数十年たっても歌ってほしい」と言われました。私もそうしたいです。

卒業というのは学生を過ぎても、いろんな場面で訪れるものだから。

出典 http://ameblo.jp

卒業というのは学生を過ぎても、いろんな場面で訪れるものだから。

いま、24歳のわたしが歌う「卒業のうた」はこれです。もし10年後にもこの曲をライブで歌えていたら、また違う想いで違うメッセージが生まれるかも。

そうして大切に歌っていきたいなと思える曲ができました。よかった。

出典 http://ameblo.jp

ブログで自身の歌について語っています。

『ゆこう』

1月10日の「辻詩音 birthday special GIG!~シオン-はじまりの戦い-~」を終えてあとはもう邁進猛進するのみの辻詩音。この曲にのって『ゆこう!』

出典 YouTube

元気が出ますよ!!

日曜の夜は

フワフワとした、しおんぬトークに癒されながら、一緒にイタズラな夜を過ごしましょう!毎週強くなっていくしおんぬの様子も楽しんでね!

出典 http://www.nack5.co.jp

出典 YouTube

ラジオ収録中のひとコマ。

あ。今日は日曜日。もうすぐはーじまーるよー!

この記事を書いたユーザー

まきの@うち このユーザーの他の記事を見る

酒と泪と家族とコネタをこよなく愛する40代半ばの週末料理人、たまに公式ライター。兵庫県生まれ兵庫県育ち。東京在住。主に飲み屋街に出没。人生はプロレス。生きものばんざい。涙腺弱い。胆石持ち。豆腐メンタル。アイドル好き。同級生の嫁、大学生の息子と中3の娘、そしてカメ3匹と暮らしています。BABYMETALが遠くに行ってしまい子離れに耐える親気分w (twitter: @makidekazu )

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • エンタメ
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス