耳が不自由な2歳の少年クーパー君。彼は耳が聞こえません。しかし、人工内耳を埋め込むことで耳が聴こえるようになりました。初めてお母さんの声を聞いて、大はしゃぎする姿がとても感動的です!

人工内耳って?

人工内耳というのは、手術で内耳の蝸牛に細い電極を植え込み、聴神経を電気的に刺激し て、それを脳に伝えて聴覚を取り戻すという画期的な医療です。
耳にかけたマイクから音を拾って、スピーチプロセッサという機器で音を電気信号にかえ、内耳の電極に無線で送ります。

出典 http://www.normanet.ne.jp

テクノロジーが発達するにつれて、こういう困っている人を助ける技術がどんどん発明されていきます。とても良いことですね。最近では、盲目の人の目を見えるようにする機械が発明され話題になりました。

動画はこちら

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

こうたろう このユーザーの他の記事を見る

Amebaみんなの編集局公式ライター。

見やすく、分かりやすい記事を作ることを心がけています。
Twitter、Facebookなどでのシェア大歓迎です!
いいと思ったら拡散お願いします!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス