映画 「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」

※2015年2月13日公開!

全世界1億部突破のベストセラー! 

ついに 映画化決定!

ELジェームズさん原作「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」

英国のアマゾンでは「ハリーポッター」を抜いて 最も売れた小説と 正式に発表されたそうです!

電子書籍で大ヒット!

女子大生の主人公が、若く有能だがサディストの性的指向を持つ大富豪の男性と知り合い、SMの主従契約を結ぶという内容の恋愛小説で、主婦が書いた女性向けのエロティックな小説として「マミー・ポルノ」と呼ばれアメリカでベストセラーとなった。

出典 http://ja.wikipedia.org

誰もが憧れるシンデレラストーリー♡

地味で奥手なアナが美貌のグレイに求められることで、大人の女性へと変化していくさまは、まさにシンデレラストーリーの醍醐味! 

愛と性に目覚めていくアナと、アナに出会ったことで初めて感情をかき乱されていくグレイの葛藤。愛し方が違うふたりのラブストーリーの行方に、どっぷりハマってしまうこと必至!

出典 http://m.elle.co.jp

2人が交わした刺激的な「ルール」とは・・・?

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』がこれまでの恋愛映画と一線を画す理由は、その刺激的な官能表現。自らをドミナント(支配者)と呼ぶグレイはある日、アナに2通の契約書を手渡す。

グレイと付き合う女性が必ずサインさせられるというその契約書には、服従、食事、睡眠、服装、エクササイズ、美容、セックスに至るまで、こと細かに定められたルールがびっしり。動揺しつつも契約を受け入れたアナは、秘密の“赤い部屋”に連れられ、甘美な性の世界にのめり込んでいくことに。

特殊な形で結ばれたふたりとはいえ、その関係性は純愛そのもの。愛しているけれど“普通の形”で愛せないグレイと、心を通わせたい一心でその愛し方を受け入れたアナ。“秘密の嗜好”はふたりの愛に不可欠な要素でありながら、絶対的であるはずの支配・服従関係は次第に危うさを伴っていく。

出典 http://m.elle.co.jp

女性が書いて 女性が作る 女性のための映画♡

原作者のE L ジェイムズ、映画版のメガホンを取った監督サム・テイラー=ジョンソン、脚本を手掛けたケリー・マーセルは、全員女性。女子が求める官能とエロスを魅惑的な映像で表現した、まさに女子による、女子のための官能ムービー! 

女性ならではのきめ細やかな目線で、女子の欲望が存分に描かれているからこそ、女子同士で観に行くのにぴったり。鑑賞後にキュンときたポイントを語り合えば、女子トークが盛り上がるとともに、自分の隠れた欲望にこっそり気付くことができるかも?

出典 http://m.elle.co.jp

全3部作からなる エロティックストーリー 第1弾!

創り手が全て女性 ということも魅力の1つです。

女性ならではの目線で描かれる世界観が 繊細に女心をくすぐります。きわどいながらも きめ細やかな ドキドキ感が、たまりません♡

注)男性とは萌えポイントが違うのか、少々 引き気味の感が否めない・・・(汗)

セクシーすぎる映画・・・社会問題にまで発展?!

出典 http://cue.ms

<セクシーすぎる映画>として話題の「フィフティ・シェイズ・グレイ」ですが、
もちろん「R指定」です!(苦笑)

究極の恋愛小説か、きわどい官能小説か・・・

意見が分かれるところです。

鎖や足かせ 盗まれる?!手錠は・・・?

この本に触発されて、官能的な夜を熱望する女性達が、地下牢のアトラクションから足かせや鎖を盗むという事件もあったものの、それも小説のようなSexがしたい!と思うが故で、女性が足かせを盗んだ日の夜は、パートナーと共に燃えるような夜を過ごしたことだろう。

出典 http://www.terrafor.net

離婚の理由は・・・小説?!

都市銀行員の女性(41)は、夫とのマンネリ化したSexを、SMの緊縛プレイと際どいセクシーランジェリーで味付けしようとした。だが、夫はまったく興味を示さなかった。

最高裁判所に提出された書類には、5つの離婚の理由の1つとして、夫の冒険心の欠如は、不合理な振る舞いの証拠だと記されている。
 
離婚の理由としてフィフティ・シェイド・オブ・グレイが引合いに出されたのは、今回が初めてだと思われる。

出典 http://www.terrafor.net

「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」(原作本)

※2012年11月1日(早川書房)から 日本語翻訳版も発売されています。

早くも売り切れ店 続出?!

文学部の女子大生のアナスタシア・スティールは、若き実業家クリスチャン・グレイをインタビューすることになった。恋の経験のない世間知らずなアナは、ハンサムで才気あふれるグレイに圧倒され、同時に、強く惹きつけられる。

グレイもアナに好意を持っている様子で、ふたりは急激に近づいていく。しかし、彼にはある「ルール」があった……。世界的ベストセラー三部作、第一弾。

出典 http://www.amazon.co.jp

「フィフティ・シェイズ・ダーカー」(原作本)

大学を卒業して、なんとか出版社に就職したアナだが、別れのショックで気分は晴れない。毎夜涙にくれ、グレイのことを想いつづけていた。

彼をほんとうに愛しているけれど、どうしてもその性癖が耐えられない。グレイはアナに復縁を迫るものの、過去の女たちの存在がふたりの未来に暗い影を落とすのだった―。アナとグレイの身に危険が迫る。世界的ベストセラー、激動の第二部が開幕。

出典 http://www.amazon.co.jp

「フィフティ・シェイズ・フリード」(原作本)

困難を乗り越え、幸せな結婚をしたアナとグレイ。しかし身辺では放火、ストーキングなど不穏な出来事が続く。誰かが二人の幸福を妬んでいるのか。〈フィフティ・シェイズ〉三部作、待望の完結篇

出典 http://www.amazon.co.jp

こちらもオススメ!

この記事を書いたユーザー

まりあ このユーザーの他の記事を見る

『プラチナ公式ライター』
トリマー・ブリーダー・警察犬訓練士…。
子供の頃からの夢を1つずつ叶え、現在 様々なメディアで フリーライターとして活動中。
動物・おもしろ・感動・美容…。
幅広い情報を お届け出来たらいいなと思います。
共感してくれたら嬉しいです。
☆Twitter:Tear_Tear_Drop
☆記事一覧(by.s:http://by-s.me/writer/552
☆記事一覧(spot light:
http://spotlight-media.jp/writer/552

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス