「変なホテル」が正式名称のホテル

最近何かと話題なハウステンボスに新しいホテルが出来るようです。ハウステンボスらしく、ヨーロッパ風のホテルかと思ったら、名前はなんと「変なホテル」(変化し、進化していくホテル)だそうでその概要が注目されています!

長崎県佐世保市のハウステンボスは、ロボットなどを使った「低コストホテル」を今年7月に開業します。ホテルはハウステンボスの敷地内に3棟72室が建設中で、今年7月に開業予定です。

光熱費を節約するためエアコンは設置せず、自然の風や放射熱を利用。また、荷物運びや清掃、フロント業務はロボットが行い、人件費を最小限度に抑えます。常に先進技術を取り入れ、変わり続けるホテルです。

料金はハウステンボス内の他のホテルより割安で、ハウステンボスでは予約受付を来月から始めたいとしています。(27日20:20)

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

聞いただけで一度は行ってみたくなるホテルです。ロボット好きの外国人にも人気がでそうですね!

活気を取り戻しているハウステンボスは強い

開業当初は活気があったハウステンボスですが、経営難に陥り、破綻に追い込まれました。野村プリンシパル・ファイナンスをスポンサーにして更正をはかるも、2008年の世界金融不況で再び経営は悪化してしまいます。

その後H.I.Sが中心となる経営再建で黒字に転換。活気を取り戻しつつあるハウステンボスが新たに手がけるホテルに注目です。

ホテル外観

出典 http://www.itmedia.co.jp

ちょっとハウステンボスの雰囲気から外れているような・・・

受付もロボット

出典 http://www.itmedia.co.jp

チェックインやチェックアウトは機械での自動システムを導入しているビジネスホテルも多いが、人型ロボットがいるとなるとちょっと会話してみたい。

接客や掃除もロボット

出典 http://www.gizmodo.jp

極力人件費は削るということらしいのですが、どこまでロボットが出来るのか、ちょっと疑問が残ります。客側がロボットに合わせるというようになる気もします。

キーレスで部屋に入室出来る顔パスシステム

出典 http://www.gizmodo.jp

自分の顔がデータ化されると思うと少し怖い気もするが、希望しなければICカードでの入室も可能だそう。

この記事を書いたユーザー

Y&Y このユーザーの他の記事を見る

最初に就職した会社で初めて海外旅行に行かせてもらってから毎年海外に行くようになりました。一人でバリ島へエステ留学に行ったこともあります。いくつかの職種を転々としたのでその辺も記事に生かせたらと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス