ツナ缶は賞味期限が3~5年と長い為、保存食として備蓄している人も多いと思いますが…このツナ缶。災害時には、最高のポテンシャルを発揮するってご存知ですか?

その方法とは?

まず、ハサミや先が尖ったモノで中央部に穴を開けます。

今回はキッチンペーパーを使用しますが、ティッシュや綿の紐で代用可能!

これくらいの大きさにカットして…

紙縒り(こより)状にし、穴に入れれば…ほぼ完成!

コツは、できるだけ奥に入れて、ツナ缶から1.5cm~2cmほど紙縒り(こより)が出るようにセッティングすればOKです。

超簡単!ツナ缶ロウソク完成!

このツナ缶ロウソク。燃焼時間は

約3時間

と、ロウソク並みに活躍するうえ、燃え尽きれば、普通にツナを食べる事が出来てしまうという万能ぶり!なお、警視庁警備部災害対策課も「ツナ缶は非常時にランプになる!」と公表しているほどなので、災害対策として、超万能な”ツナ缶”をいつもより多めに備蓄してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス