インターネットの普及により、様々なWEBサービスやアプリが多く誕生している昨今、それらに登録する個人情報の取り扱いに気をつけたいところですが、残念ながら昨年もたくさんの情報漏洩や、個人情報流出のニュースを目にしました。

最も人気=最も危険?

そんな中、スマートフォン向けにパスワード管理などのアプリケーションやサービスを提供しているアメリカの企業・SplashDataから、「2014年に世界で最も使われてるパスワード」が発表されました。

SplashDataでは毎年、ハッキングなどを受けてインターネット上に公開されてしまった数多くの(パスワードなどの)データファイルを収集し、その統計データを基に汎用性の高いパスワード、つまり「多くの人が共通して使っているリスクの高いパスワード」のランキングを発表しているです。

ベスト25(ワースト25?)はこちら!

1 123456 No Change
2 password No Change
3 12345 Up 17
4 12345678 Down 1
5 qwerty Down 1
6 123456789 No Change
7 1234 Up 9
8 baseball New
9 dragon New
10 football New
11 1234567 Down 4
12 monkey Up 5
13 letmein Up 1
14 abc123 Down 9
15 111111 Down 8
16 mustang New
17 access New
18 shadow Unchanged
19 master New
20 michael New
21 superman New
22 696969 New
23 123123 Down 12
24 batman New
25 trustno1 Down 1

出典 http://splashdata.com

※右側は2013年との比較です。

上位はやっぱり単純なパスワードが占めていますね…

ちなみに、SplashDataでは今回の結果を受けて、より安全性の高い状態でパスワードを用いるために、リストアップされた汎用性の高いパスワードの使用を避けるのはもちろんですが、「数字やアルファベットなどの複数の様式を組み合わせた8文字以上のパスワードを使うこと」を推奨しています。

その他には、「複数のサービスで同一のIDとパスワードを使わない」「パスワード管理用のソフトや、ランダムなパスワードを生成して自動ログインするようなツールを活用する」などの方策を挙げています。

個人情報の流出はできるだけ(というか絶対に)避けたいですよね。。自分の大切な情報は自分で守りましょう!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス