幼いころ病気のため、ほとんど目が見えなくなってしまった女性、Kathy Beitzさん。
彼女にはある願いがありました。

それは、もうすぐ生まれる自分の赤ちゃんを見ること。

目が見えないKathyさんには到底不可能なことに思えましたが、ついに、テクノロジーの力を借りて、彼女の願いが叶うことになったのです。

赤ちゃんを抱っこし、熱い視線を送るKathyさん。とても温かい、ゆっくりとした時間が流れます。

彼女は、我が子を初めてみたわけですが、
生涯で初めて赤ちゃんを見た瞬間でもありました。

彼女は嬉しそうに

赤ちゃんの足を触り、「父に似ている」と話します。

赤ちゃんの姿、かわいい笑顔を見るだけで温かい気持ちになれますよね。
今回彼女が装着したものは「eSight」という機械です。

こういうテクノロジーはもっともっと発展して普及していくといいですね。テクノロジーのちからで、耳の聴こえない子供が、初めてお母さんの声を聞いてはしゃぐ姿を撮った動画も話題になりました。

動画はこちら

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

こうたろう このユーザーの他の記事を見る

Amebaみんなの編集局公式ライター。

見やすく、分かりやすい記事を作ることを心がけています。
Twitter、Facebookなどでのシェア大歓迎です!
いいと思ったら拡散お願いします!

権利侵害申告はこちら