冬の味覚牡蠣を求めて築地市場へ。

少し早起きをして築地市場へ。冬の味覚牡蠣を朝から堪能します。大行列のお鮨屋さん、海鮮丼屋さんを避け、並ばずに入れる築地の隠れた名店へ。いざ出陣!

磯野屋の牡蠣めし

最初は築地場内「磯野屋」さんの牡蠣めし。冬になると恋しくなるメニューです。牡蠣のうまみがたっぷりご飯にもしみだしております。定食のご飯を牡蠣めしに変えていただくことも可能。大混雑の土曜日にも比較的入りやすいのもポイント。これでビールも添えちゃったりしたら最高ですね。

やじ満の牡蠣らーめん

こちらも築地場内「やじ満」の牡蠣らーめん。冬季限定で楽しめる朝ラー。キャッチコピーが素晴らしいですね。「至福のこの一杯、やじ満といったら…」たっぷりの牡蠣。
塩味のスープとベストマッチ。あ~牡蠣になりて~と思う温かいスープが冷えた体にしみわたります。

小田保の牡蠣ミックス

続いて築地場内「小田保」の牡蠣ミックス。たっぷりの牡蠣をバターとフライで。揚げたてのさくっと牡蠣フライ、濃厚な牡蠣バター。牡蠣の美味さを引き立てていますね。これはビールが欲しくなります。

四天王最後の一人は…

築地場内「米花」の牡蠣フライ。…としようと思いましたが、ジローさんに常連認定してもらってから食べることができる「おまかせ」でした。いつ出るかわからないですし、難易度高すぎですね。

「かとう」「たかはし」の牡蠣豆腐も美味しいですし、場外には「地下の粋」というオイスターバーもあったりします。お蕎麦屋さんですが「長生庵」の牡蠣天も捨てがたいです。

牡蠣の季節。春が来る前に。四天王の最後の一人を求めて築地市場へ。まだまだ旅は続きます。

この記事を書いたユーザー

ショテマエ このユーザーの他の記事を見る

お酒を飲むために生まれてきました。
全国の居酒屋・バーを一人で飲み歩きます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス