382日間、自転車に乗ったまま生活をおくった様子を描いた作品
「THE MAN WHO LIVED ON HIS BIKE」をご紹介します。

世界のアワードを総なめした、とても面白いショートムービーです。

自転車に乗ったまま、料理をしたり、

電話をしたり、

身支度、アイロンがけまでもこなします。すべて、自転車には乗ったまま。

作成者は…

この動画を作成したのは、フランス人の ギローム・ブランシェット さん。モントリオールを拠点にしている映像作家、コピーライターさんです。

彼は自転車に乗るのが大好き。それを教えてくれたのは、これまでに自転車で12万キロ以上走り、今も元気に走り続ける64歳の父イブさん。そこで彼は父から貰った自転車に乗り、382日間かけてモントリオールの通りを走り抜けた様子を自転車に付けたカメラで撮影し、「父親に捧げる」意味でネットに投稿したのだそうです。

広告賞を総なめ

この動画はその年のほとんどの広告賞を独占しました。
とてもインパクトのある作品なので納得です。

Audience award - VeloBerlin Film Festival, 2013
Best film, jury - Boston Bike Film Festival 2012
Audience award, best adventure sports film - Durango Film Fest 2013
Best canadian or Int'l film - Dawson City Intern. Film Fest. 2013
Honor. mention - Disposable Film Fest. 2013, San Francisco
Audience award - Sisački eko film festival 2013, Croatia
Golden Helmet Award - Filmed by Bike. 2013
Best short film - Francophone Film Fest. of Kalamazoo, 2012
Best sports film - Filmets Badalona 2013
Audience award - Bike Reel Film Festival 2012
Audience award, best music video - Red Rock Film Fest. 2013
Audience award - NDG Off The Wall 2012, Montreal
Special Prize Marvin&Wayne, Subtravelling 2013, Barcelona
Audience Award - Why Not Adventure Film Fest 2014
Best Experimental Film - 15 Short Film Festival 2014, NC, USA

出典 http://vimeo.com

動画はこちら

出典 Vimeo

この記事を書いたユーザー

こうたろう このユーザーの他の記事を見る

Amebaみんなの編集局公式ライター。

見やすく、分かりやすい記事を作ることを心がけています。
Twitter、Facebookなどでのシェア大歓迎です!
いいと思ったら拡散お願いします!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス