女性や外国人の雇用が進む一方で、非正規雇用が増えるなど、男性正社員が主流だった日本の職場にも変化が訪れています。そんな中、ここ数十年で最も変わったのは女性の働き方ではないでしょうか。

がんばらなくても居場所がある

けっこう給与はいいし、安定しているし、ちゃんと時短も保障してくれる。ワーク・ライフ・バランスは取れるし、少々仕事がつまらなくても、これでいいやという気持ちになる

出典 http://business.nikkeibp.co.jp

総合職でも一般職でも、あるいはそうした区別のない職種であればあるほど、勤続年数そのものが長くなっています。勤続年数に応じて、女性だろうと任される業務は高度で責任あるものになってきました。そこで浮上してきたのが、がんばらない女性の存在です。

「あなたの会社に結婚・出産して管理職になった女性はいますか」と。すると「はい」と答える。では「その人はあなたのロールモデルになりますか」と尋ねると「いいえ」という答えが返ってきます。「あんなにしてまでがんばりたくない」「うらやましくない」っていうんです。

出典 http://business.nikkeibp.co.jp

出産・育児というライフイベントの発生で、「最前線」からいったん離れる女性が出てきます。がんばらなくても会社に居場所があるのなら、無理をすることなくプライベートを充実させたい。そう考えるのはある意味合理的です。

入社後10年もすれば、「がんばらない」合理的な選択、あるいは諸事情により、がんばらない女性が職場に増加してきます。そしてそのしわ寄せは、仕事も育児もと「がんばる女性」に向かいます。

会社は女性管理職を増やしたい

会社だけでなく国をあげて、女性管理職を増やす方向へと向かっています。活躍したい女性にとっては追い風ですが、それがかえって女性を苦しめる結果になることも。

死ぬほど働いて限界ウーマン、スーパーウーマンをやりながら、最終的に課長になっちゃって、それでも会社に残って、そこまで頑張って彼女らは最後どうなるんですか。

出典 http://business.nikkeibp.co.jp

がんばる女は孤独

管理職になれる人は、どの会社でも少数派です。女性管理職ともなれば、さらに少数です。がんばらなくても居場所が保証され、同じようにがんばらない同志も多い。そんな中、「がんばる女性」は職場で孤独になりがちです。

仕事と育児を両立させるには、家族の協力があった方が有利です。イクメンが象徴するように、家庭が円満な方がスムーズにいきます。円満な家庭と仕事での成功と。それさえあれば、職場での多少の孤独感など、気にしなければいいのでしょうか。

また仕事での成功、経済的な自立があれば、「妻、ママ、女」から妻をやめることも可能です。生き方の選択肢も増えます。

あなたはがんばり続けられますか?

女性の活用が叫ばれる中、がんばりさえすれば成功しやすい世の中のはずなのに、女性管理職は増えてません。

企業の課長以上や管理的公務員を指す『管理的職業従事者』に占める女性比率は、アメリカ43.1%、フランス39.4%に比べて日本は11.1%とかなり低いことが分かります

出典 https://www.nissay.co.jp

いっときの孤独を引き受けてもがんばって上を目指して働き続けるのか。同じようにがんばらない人に囲まれて、がんばらずにほどほどで働くのか。あなたならどちらの働き方を選びますか?

この記事を書いたユーザー

ウォルサム このユーザーの他の記事を見る

とある地方都市在住の暇な人です。おかたいところとばっかり縁があった反動で、すっかりゆるふわ好きになりました。リラックスして楽しめる、そんな情報をお届けしたいと思ってます。

権利侵害申告はこちら