本田選手は挫折を多く味わってきた選手の一人です。挫折を多く味わいなかなか成功しなかった経験があるから出た名言なのではないでしょうか。成功すれば結果は「成功」になり、「挫折」にはならないということです。

夢や目標を達成するための方法には、コツコツ頑張ることしかないということです。イチロー選手はコツコツ頑張ってきたからメジャーリーガーとして活躍できたんですね。

一番つらい時期や他人が逃げ出すようなことがあっても前進することが大事ということです。

何もないと嘆いている人にも何か一つは誇れるものがあるからその誇れるものを見つけることで頑張れるんですね。

苦しいことの中にチャンスがあるということです。チャンスを得たいなら苦しいことにチャレンジすることが大事なんですね。

自分のダメさを認めたり、弱い部分を理解することは自分にとってのメリットであるということですね。長友選手は自分のダメさを認め、弱い部分を理解したから世界で活躍できたんですね。

状況というのは他人が作るのではなく、自分で作るものだということですね。

大きな努力をすることで努力していることを誰かに気付かせることができるということですね。

ピンチの状況に陥っても、悩まずに何もしないでおけば何とかなるということですね。ピンチの時に何かをしてよりピンチの状況に陥らないためには何もしないのも大事だということですね。

成功の願望が失敗の恐れよりも強ければ、何事も成功しないということです。常に成功する願望が強くなければならないんですね。

悔しいと思うことで、自分自身を成長させることができるんですね。悔しいことは悔しいと思わなければ成長できないということですね。

この記事を書いたユーザー

Koo このユーザーの他の記事を見る

フリーのライターとしてさまざまなWebメディアの記事の執筆活動を行なっています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス