みなさんは介助犬に、どんなイメージを持っていますか?一般的には四肢に障害を持った方や目の見えない方の補助をするイメージが強いかと思いますが、今回ご紹介するのは、あまり知られていない変わった介助をする介助犬が登場する動画です。

オランダのCMアワードでベストコマーシャル賞を受賞し、公開から10日ほどで500万回以上も再生されているこの動画では、戦場で様々な経験をして、心に傷を負ってしまった退役軍人の方をサポートする介助犬が登場します。

退役軍人の方が、戦争の記憶を夢に見てうなされているところから、この動画は始まります。

出典 https://www.youtube.com

禍々しい戦争の記憶…

出典 https://www.youtube.com

見たくないものまで見えてしまう…。

報道などで見るのとは違い、現場で人が死ぬのを見ているわけですから、その心の傷たるや計り知れません。

出典 https://www.youtube.com

「大丈夫ですか?」

介助犬が頬を舐めて、起こしに来てくれました。

出典 https://www.youtube.com

「一回電気点けますね」

部屋の電気も点けてくれました。優しい…。

出典 https://www.youtube.com

「目が見えない人だけではなく、(見たくないものを)見過ぎた人も助けています」

この動画は、ロイヤル盲導犬財団という団体が制作しているのですが、同団体では盲導犬だけではなく、心に傷を負った退役軍人の方をケアする介助犬も育成しています。

出典 YouTube

人間の生活を助けてくれる犬たち、心のケアもしてくれていたとは感服です。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス