ここ最近、過酷な労働条件を突きつけられ、雇用者側が企業を相手に訴訟を起こしたり、マスコミから「ブラック」として取り上げられたりするケースが後を絶ちません。安倍内閣が一定の年収以上を条件に「残業代ゼロ」案を打ち出したことも記憶に新しいところです。

かく言う筆者、実はつい最近まで「残業代をぴっちりフルにもらえる企業」に勤めていました。だからこそ問いたいんです、本当に「残業代をもらえる会社」が優良企業なのでしょうか?

残業代が出る、すると残業が「美徳」とされる…

出典 http://menzine.jp

いくら残業しても給与が増えない、これは確かに辛いことだと思います。頑張った対価が給与です。それだけ長い時間会社に拘束されているのであれば、そこに相応するだけの賃金をもらいたいところです。

しかしもらえる企業はもらえる企業で、筆者の経験としては、遅くまで残って稼ぐほど仕事があることを吹聴してくる同僚や、残業代を目当てに働く人まで散見されました。すると、徐々に「頑張って稼いでる姿」が美談となって語られ始めるのです。

残業をする人が増えると、帰りにくくなる

出典 http://keiei.freee.co.jp

残業が美徳とされると、今度は「帰りにくい」風土が生まれました。理由が正当であれなんであれ、定時に帰る人はごくわずか、むしろ定時後からエンジンをかける人すら見受けられます。

すると早めの時間に帰るのが気まずくなることはもちろん、数日連続早めに帰ろうもんなら、すぐさま呼び出しをくらい、仕事を追加される始末。これをやり遂げればまた給与も増えるし、評価が上がって賞与も増える…

そう思うと、「よし、やるか!」という心理にさせられてしまい、結局仕事の山谷すらなくなっていきました。

夜遅くまで頑張って働いた人を表彰する制度まで…

出典 http://type.jp

私が今回ケースとして取り上げている企業には、社内表彰制度がありました。これは昨今多くの会社にあることと思いますが、残業が美徳となっていたのが事の発端か、仮にそれは行き過ぎた考え方だとしても、とにもかくにも「夜遅くまで頑張った人の表彰」があったのです。

もちろん名称はそこまで顕著ではありませんでしたが、どう見ても表彰されるのは「目に見える形で頑張り続けていた人」ばかり。正直なところ筆者も表彰を受けましたが、受賞理由を見ると、早朝から深夜まで仕事に奔走していたことが認められたとしか思えない…

最終的な成果はさておき、です。するとどうでしょう。ますます「残業文化」が根付いていくのです。

今、筆者は残業代の出ない会社に転職しています。もちろん一長一短であることを感じながら、です。働きやすい環境とは何なのか、凝り固まった発想を捨てて、多くの企業が柔軟により良い環境を目指してくれることを切に願っています。

この記事を書いたユーザー

まも このユーザーの他の記事を見る

パン屋巡りとサッカー・フットサルが趣味。出版社での編集職を経て、現在ライター2年目。プライベートでは競技フットサルチームのスタッフとしても奮闘中。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス