足が臭い?

足が臭い、靴が強烈な匂いを発している・・・。そんな経験ありませんか?私自身も結構足はくさい方でなんとか対策はないものかと思っていました。

そんな経験を活かして、足の臭さに迫っていきたいと思います。

足の匂いの原因

足の臭いの原因は汗と細菌

そもそも足の裏にはカラダのほかの部分よりも3~10倍の汗腺(エクリン腺)が集中していて両足で1日にコップ1杯、約200ccの汗をかくと言われています。エクリン汗腺とは体温調整してくれる大切な汗腺で99%が水です。したがって、基本的に汗そのものは無臭であり、ほとんど臭いはありません。

臭いの原因となるのは、表皮ブドウ球菌やいわいるバクテリア、コリネバクテリウムといった細菌です。これらの細菌が汗と一緒に流れ落ちた古い角質などの成分を分解し、あの嫌な臭いを発生させるわけです。

出典 http://onayami.punitex.com

汗に雑菌やバクテリアが湧いて匂いが発するのですね・・・。その雑菌やバクテリアを発生させづらくすればいいというわけですね。

靴の洗い方

とりあえず、靴を洗ってみましょう。

熱湯を靴の中に流しながらブラシで擦ります。熱湯を使うことで、雑菌やバクテリアをやっつけます。その後洗剤を入れて、泡を立てて再び洗います。

靴の中を洗い終わった後は、水で流して再びシューキーパーを入れます。すぐ入れると縮みを防ぐことが出来ます。

出典 http://www.ordinefuturo.info

足の洗い方

そして、足の洗い方です。

1.足を充分しめらせる

足の汚れをシッカリ落とすためには、足を充分に湿らせることが大事です。
シャワーを使って大量の水で流すよりも、洗面器にお湯を張って、ゆっくり足を浸してあげると効果的です。ゆっくりお湯につけることでじわじわと足の汚れが浮き上がり臭いが取れます。

出典 http://www.ordinefuturo.info

足湯にはリラックス効果もあるようですので、これを気にそういうセットを買うのも手かもしれませんね。足専用の入浴剤などもあるようですよ。

石鹸は殺菌効果のある薬用石鹸を使うと効果的で、足のにおいの原因になってる雑菌やバクテリアを退治してくれます。

洗い方ですが、まずは手のひらで充分に泡を立てます。この際、直接石鹸を足につけないよう注意します。石鹸が爪の間などに残ってしまうと返って不衛生です。たっぷりの泡で指と指の間を念入りに優しく洗っていきます。スポンジなどは、洗いムラになってしまうので使わないほうがいいでしょう。

特に汚れが溜まりやすいのが親指の爪の両脇です。手の爪を使ってそこに溜まった汚れを掻き出してください。足全体は両手で包み込むようにして洗います。最後に石鹸の泡を流します。泡が残らないように丁寧に。こちらはシャワーのほうがキレイに落とすことが出来るでしょう。

出典 http://www.ordinefuturo.info

3.よく乾燥させる

洗ってキレイになった後は、すぐに清潔なタオルで水分をふき取ります。清潔なタオルであることが重要です。使いまわしのタオルでは、再び菌が足についてしまいます。

指と指の間を丁寧にふきとり、カラッと乾燥するまで何も履いてはいけません。なかなか乾燥しない場合は、うちわで扇いだり、ドライヤーの冷風で乾かすといいでしょう。

出典 http://www.ordinefuturo.info

しっかり乾燥させるといいようですね。寝る前に保湿する方も朝は乾燥させてから出かけるほうがいいのかもしれません。足の怪我や何かの治療をされている方はお医者さんに相談してからしましょう。

4.仕上げの爪切り

入浴後、長くなっている爪はキレイに切りましょう。清潔になった足に足用の制汗スプレーやクリームを塗ると効果的です。カサカサしている場合は角質のお手入れも忘れずに行いましょう。足の角質はバクテリアの格好の餌となってしまいます。

出典 http://www.ordinefuturo.info

足の爪の処理も大きく関わってくるようです。

足の爪の切り方

出典 YouTube

爪をちゃんと切ると行ってもわからない方も多いと思いますので用意しました。

下駄箱のケア

活性炭・生石灰などを使って常に消臭・乾燥させましょう。この際、新聞紙を敷いたり、トイレットペーパーを置くと効果的です。新聞紙やトイレットペーパーには除湿効果があり、下駄箱の湿気をちゃんと吸収してくれます。

なお、靴を乾燥させるとき、シュードライの代りにお菓子に入っているシリカゲルを使うのも良いでしょう。シリカゲルをそのまま袋ごと入れておけば、靴の中の湿気をきちんと吸収してくれます。しかも、シリカゲルは乾かせば、何度でも使えますのでコストパフォーマンスにも優れています。

出典 http://feminine.xenoncity.com

下駄箱も靴をケアする上で非常に重要です。しっかり下駄箱もケアしましょう。

靴を増やす

同じ靴を何日も続けて履かない、これは鉄則です。1日履いて、足汗の溜まった靴を履いて、また汗をかく…。悪臭にならないはずがありません。仕事用などの普段履きの靴は3足以上用意して、ローテーションで履くようにします。1日履いた靴は2~3日、休ませましょう。

出典 http://complex7.com

私もお金をケチって一足で何とかしようとしていましたが・・・。やはりダメなようです。

履き終わった靴のケア

靴の湿気を取り除き、清潔に保つことをも重要になってきます。今日から実践出来る手軽な靴のお手入れ方法をご紹介します。

(1)靴はローテーションさせ、陰干しを

普段履きの靴を2、3足用意し、毎日履き替えます。履かない日は、屋外の風通しが良い場所で靴を陰干ししてください。

(2)中敷を入れる

中敷きは、汗を吸収してくれます。特に“へちま”で出来た速乾性に優れているものや、抗菌加工や緑茶成分が含まれるインソールを使用すると効果的です。中敷も靴と同様に日々ローテーションして使います。

(3)脱臭剤を使う

市販の脱臭剤を靴の中に入れるのもよいでしょう。また、自宅にある下記の物をガーゼや不要なストッキング等で包み、靴の中に入れるだけで脱臭することが出来ます。

出典 http://www.ordinefuturo.info

靴も洗うだけでなく毎日しっかりケアしましょう

休憩時間などに靴を脱ぐ?

屋内であればスリッパやサンダルに履き替え、できるだけ靴を脱いだ状態を続け、足と靴を乾燥させるのもよいでしょう

出典 http://www.skincare-univ.com

ということは、休憩などの時に、人の居ないところで休憩できるのであれば、できれば靴を脱いで靴や足を乾燥させるほうがいいということですね。外回りのお仕事の方だと、靴を脱いで食事をする場所(畳の部屋がある和食屋さんなど)でご飯を食べるのも手かもしれませんね。

とりあえず、以上です。

私もまだやっている途中ですが、少しマシになっている気はします。頑張って足の匂いとさよならできるように頑張りましょう。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス