目黒駅前にある冴えない飲食街 しかもその地下と言うことで…
そこにあるお店はお世辞にも流行っているとは言い難いのですが、その中に一軒だけ店前にお客さまが並ぶ繁盛店あるのです
「ビストロ」と言えばおしゃれな雰囲気のお店を想像するのですが、ココは「大衆ビストロ」と名付けられ、その冴えない飲食街に馴染むよう工夫されているようですね

お店の真ん中にはドリンクを作るスタッフを囲むように馬蹄形のカウンターが据えられていますので、ココなら一人で来てもお店の方との会話を楽しみながら過ごすことが出来ますね
そんな馬蹄形のカウンターを取り巻くように4名で掛けられるテーブル席も配置されていますので、仲間と一緒に来ても楽しい時間を過ごせること間違いなし
もちろんお店にとってもカウンター席にお客さまが座ってくださることは効率的にありがたいことでありますから、両者ともを幸せにするお店ってことですね

先ずはお手軽なお料理をいくつか…
白菜を生でいただくってことはそれほど馴染みがあることではないのですが、みずみずしさを感じる食感はレタスや他の野菜では味わえないモノですね
そして、ポテトサラダに使われるじゃがいもは燻製に掛けられていまして… その燻し香が癖になりそうです
さらにさらにアンチョビと一緒に炒められたキャベツでは、甘みと塩辛さが見事に調和していまして、熱々の美味しさが楽しめます

これは「ビストロ餃子」と名付けられたモノで、クレソンの香りと海老のプリッと感、それにバターのコクで中華料理での餃子とは全く異なる味わいが楽しめます
何処となくラビオリで作ったカルボナーラをいただいているような… そんな気にさせてくれるのもビストロ餃子の所以なのでしょうかね

お肉もいただいちゃいます
300gの牛ロースを芳ばしく焼かれていて、それをレフォールやお塩でいただくのですが…
程よく脂がのっていますので、赤身のコクを脂身の甘みをバランス良くいただくことが出来ましすし、なりより柔らかい食感が肉好きには溜まりません

そしてそして、季節ごとに変わる「ストウブ飯」はココの名物でありまして…
今の季節は牡蠣であります
ストウブで炊き上げられるごはんは、ひと粒ひと粒がしっかりとしているだけではなくたっぷりとスープの旨みも含んでいます
芳ばしいオコゲも出来ていますので、オコゲ好きの方には堪らないでしょうね
そして、それに乗っている春菊のシャキッとした食感や、プリッとした牡蠣 それに柚子の風味が加わって…
名物の名に恥じない逸品ですね


ワタシたちが滞在している間、ずっと席待ちのお客さまがいらっしゃって…
その6~7割が女性のお客さまであるってことにも驚きです
やっぱり飲食店ってトコロは美味しいお料理を提供するってことが基本なんですよね

【大衆ビストロ JILL】
東京都品川区上大崎2-26-5 メグロードB1F
03-6417-0015

この記事を書いたユーザー

田川 耕 このユーザーの他の記事を見る

飲食店プロデューサー

『外食産業一筋30年 コンサルタント暦20年』
『年間食べ歩き軒数500店超』

30年に及ぶフードビジネス界でのキャリアと実績のもと、飲食店の経営改善から、新規開店・開業・起業・創業などへの支援を行う。
とくに新規開業のプロデュース業務を得意とし、年間500軒を超える食べ歩きから肌で感じた時流の提案を行う。

http://www.c-synapse.jp/

得意ジャンル
  • グルメ

権利侵害申告はこちら