インド出身のディレクター「Navin Kumar」さんが、実話を基にして作った映像作品です。

一人の少年がチョークを持ち出して描いたものとは。彼が欲しいもの、それは何にも変えられない、たったひとつの・・・

出典 YouTube

この作品は、イラク戦争の最中に、戦争で母親を失った3歳の少年の実話を基にしてに描かれた映像作品です。作品の最後には、孤児たちの母親への愛情についての想いが綴られています。


Some of us, unlike most of the privileged one's, value and solely desire a mother's love.

「僕がほしいものは、たったこれだけ。ママの愛情がほしいんだ」



戦争なんて、二度と繰り返してはいけない。そう思わせてくれる映像でした。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら