Wikipediaから偶然短歌のリズム「5・7・5・7・7」になっている文章を自動抽出しつぶやくという「偶然短歌bot」がじわじわと話題になっています。

シュールであり、ときどき妙に詩的なそのつぶやきの一部をまとめてみました。

話題の「偶然短歌bot」にtwitter利用者は…

詩的なものから意味不明なものまで…偶然短歌botの実力がすごい

個人的に心に引っかかった偶然短歌botのつぶやきをまとめてみました。頭のなかで、「5・7・5・7・7」で再生しながらご覧ください。

どういう場面だよ!…ともはや突っ込まずにはいられません。

なぜだか心にちょっとぐっときます。

ミヨちゃん…。

思わず声に出して読んでしまいました。

村上春樹のノルウェイの森も短歌に…。

ここだけ読むと盆踊りのイメージが変わりそうです。

マリモ空洞だったんですね…。

つまりは不良…。

製作者はこちらの方。どうやら個人のようです

製作者はこちらのKonnoさん。Wikipediaに載っている本物の短歌も抽出されてしまうため、手作業で省いているのだとか。地道な作業ですね…!

いかがでしたか?面白botはたくさんありますが、更新されるつぶやきが楽しみなアカウントのひとつです。ぜひフォローしてみてくださいね!

この記事を書いたユーザー

シノヅカヨーコ このユーザーの他の記事を見る

家事が嫌いなぐうたら主婦。25年2月生まれのムスメと夫の三人暮らし。 育児、暮らしにまつわるネタを中心にライター業をしています。お酒とチョコレートが大好き。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス