そこまでやる?!セールスマンによる必死すぎるPR

出典 http://articles.bplans.com

たとえば何か商品を買って欲しいとき、売る側の熱意と自慢の製品があるからこそのビジネスであり、それほどの誠意をもって仕事に、セールス自体に取り組むのは当然であり普通のこと。

しかし、その気持ちを表現する方法としては少々やりすぎ感も否めないPR作戦にでた彼。果たしてこの方法は、どれだけの販売実績につながるのでしょうか?

地下鉄ホームに現れたスーツ姿の男性

出典 https://www.youtube.com

こんな過激なPR、日本じゃ絶対ありえない!!そう思ってしまうのも当然かもしれません。

とある海外の掃除機メーカーに努めるマネージャーの男性。彼は地下鉄のホームで、おもむろに自社のイチオシの掃除機を持ち出します。そして、あくまでも自然にスイッチをオン。少しのスペースを軽く掃除しはじめます。すると、自慢の商品だけあって、たったの何秒かかけただけでホームの床は真っ白&ピカピカに!

自社製の掃除機をもちだして...

出典 https://www.youtube.com

掃除し始めた!

出典 https://www.youtube.com

掃除した部分だけ床がキレイになってます

持参した食べ物を突然床にまき散らす

出典 https://www.youtube.com

えぇ~~ッ

フォークを持ち出して....ウソでしょ?!!

出典 https://www.youtube.com

そんな、まさか!

食べた!!!!!!

出典 https://www.youtube.com

!!!!!!!!

そして、このマネージャーが続いて取り出したのはフライドポテトのテイクアウトバッグ。あろうことか、その中身を掃除した床にドバーッ!!そして食べる!さらに、ケチャップを塗りたくった床にパンをディップして食べちゃう!!

その常軌を異した行動には、その場にいた人々も自分の目を疑い、思わず険しい顔+なんてこと…!と驚きと気味悪さを隠せない様子。当然のリアクションでしょう。

しかし彼の行動に、納得の意見もあるようで、それは彼と同じように自社の製品を100%信頼し、その精度を誇りに思って販売する営業マン、その他多くのCEO、彼と同じような、マネージャーたちだといいます。

出典 YouTube

熱意の表れ?単なるやりすぎ?!話題のPR

いくら会社のため、売上のためだとはいえ、やっぱりやりすぎ感が否めないこちらのPR。日本じゃ話題どころか絶対に責任の所在や会社の倫理観にも触れる大問題となり得るでしょう。

あなたはどう思いましたか?

当然ですが、こちらは単なる動画。くれぐれも、話題つくりのために真似をしたりしないように。

この記事を書いたユーザー

ODACHIN このユーザーの他の記事を見る

ドイツとHouseが大好物なフリーライター。着付けとドイツ語を習得中。
主に海外発のニュースを配信しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス