感動的な愛のかたち

感動的な愛のかたちを描いた動画「It's time.」をご紹介します。動画はあるカップルの日常を描いたものです。

出典 YouTube

見ていただけましたか?きっと多くの方が最後の結末に「はっ」となったのではないでしょうか。ものすごくメッセージ性の強い動画で、いろいろと考えさせられますね。


動画で問題になっているのは「同性婚」

男性と男性、女性と女性での結婚を同性結婚(同性婚)といいます。同性婚をしたいと望む人達は、ホモセクシュアル/同性愛者(どうせいあいしゃ)の人達です。

ホモセクシュアル、男女の同性愛者を指す言葉。

出典 http://ja.wikipedia.org

ゲイ、男性同性愛者のことを特にゲイと呼ぶ。

出典 http://ja.wikipedia.org

レズビアン、女性同性愛者のことをレズビアンと呼ぶ。

出典 http://ja.wikipedia.org

日本の現状は…

日本では法的に同性婚は認められていません。

日本はといえば、同性結婚は法律的に認められていません。結婚とは別ですが、それと同等の権利を同性同士に認めるパートナーシップ法(シビル・ユニオン)も存在しません。また、それらの合法化に向けた行政機関の動きもほとんど見られない状況です。

出典 http://newsphere.jp

少しずつ変わり始めている

しかし、少しずつ変わり始めているようです。

民間レベルですが、同性結婚を容認していこうという動きがあります。一昨年、400年以上の歴史を持つ京都のお寺、春光院が同性結婚を執り行えると発表。

また昨年、東京ディズニーリゾート内のホテルが同性結婚式を受け付けると発表し、3月には東京ディズニーランドで初の同性婚挙式が行われました。

出典 http://newsphere.jp

こういった動きは小さなものですが、ここから合法化への機運が少しずつ醸成されていくのかもしれません。

出典 http://newsphere.jp

もっと多くの人に…

少しずつ変わってきているとはいえ、日本ではまだこの問題に対して無関心の人がいっぱいいるのが現状だと思います。

「同性婚をどう捉えるか」という考え方は人それぞれですが、もっと多くの人に考えていただきたい問題です。

この記事を書いたユーザー

こうたろう このユーザーの他の記事を見る

Amebaみんなの編集局公式ライター。

見やすく、分かりやすい記事を作ることを心がけています。
Twitter、Facebookなどでのシェア大歓迎です!
いいと思ったら拡散お願いします!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス