BLTステーキが連れてきたもう一つの看板料理“ポップオーバー”

アメリカからやって来たセレブなステーキハウス『BLTステーキ』。話題の熟成肉ステーキをいただこうと訪ねてみたのだけど、そこで目に留まったのはメイン商品である“ポーターハウスステーキ”ではなく、もう一つの看板商品である“ポップオーバー”であります。

ポップオーバーとはアメリカを発祥とするもので、卵をふんだんに使った生地を高温で焼き上げたデニッシュ。生地を焼き上げる際に焼き型のカップから大きく膨らんで弾ける様子からのネーミングであるようで、その名の通り、「弾けて飛び出る」という意味なのだとか。

外側はカリカリ、中はシュークリーム生地のように空洞になっており、内側のデニッシュ生地はふんわりと柔らかいことから、日本人の嗜好にあること間違いなしであります。

今年にはブームになりそうな予感!

都内では既にいくつかのお店でいただくことが出来るのですが、これまでいくつものブームを巻き起こしてきたデニーズや、フレッシュネスバーガーでも販売が開始されているようですし、2年ほど前に横浜でオープンした「Muu Muu POPOVER」では行列が出来るほどの人気になっているとことから、来年以降、このポップオーバーに火が付くことになるでしょう。

スィーツでも食事でも商品化は自由自在!

ポップオーバーの魅力は、単にお料理の付け合わせであるだけでなく、その応用範囲が広いことにあります。例えば、サーモンやローストビーフなどをサンドにして食事性が高い商品をつくること出来ますし、

たっぷりの生クリームと一緒にフルーツを添えてデザートとしての商品化も出来るところから様々な業態のお店での導入も可能であることから、パンケーキやフレンチトーストに続くブームになること必至であります。

ひょっとするとそれらをしのぐほどのブームになるかも…なんて想像しますと、何だかワクワクしてきますね。

【BLT STEAK TOKYO】
東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデン5F
03-3589-4129

この記事を書いたユーザー

田川 耕 このユーザーの他の記事を見る

飲食店プロデューサー

『外食産業一筋30年 コンサルタント暦20年』
『年間食べ歩き軒数500店超』

30年に及ぶフードビジネス界でのキャリアと実績のもと、飲食店の経営改善から、新規開店・開業・起業・創業などへの支援を行う。
とくに新規開業のプロデュース業務を得意とし、年間500軒を超える食べ歩きから肌で感じた時流の提案を行う。

http://www.c-synapse.jp/

得意ジャンル
  • グルメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス