出典 http://www.sonymusic.co.jp

彼らのニューシングル「white tree」発売記念イベントのページのトップ画像です。

2013年に10周年を迎えた彼らは、同年4月に横浜スタジアムで約3万人の総動員のライブをするほどの人気アーティスト。メンバーは、ヴォーカル:マオ・ギター:shinji・ベース:明希・ドラム:ゆうやの4人。アニソンの主題歌などに何度も抜擢されていますね。

大切なファンのみんなへのメッセージ

今日は大事な話があって、このブログを書いてます。少し長くなるけど、よかったら最後まで読んでほしい。

「言う」「言わない」で悩み続けた、この二年間のことを。

出典 http://ameblo.jp

マオのオフィシャルブログで書いた過去の真実を明かすプロローグです。悩み続けた二年間、そして辛かったことをファンに伝えなければならない彼の心境が伝わってきます。(※注意:2行目と3行目の間に”間”があります)

なんでおればかり、なんで立て続けに、って。辛すぎて逆に笑えてきた。

悲劇は二年前の今頃(ブログを書いた1月17日付けで)から始まりました。3度の試練「メニエール病」、「ウィルス性の胃腸炎」、「声帯ポリープ」に襲われたのです。たばこを止め、体を鍛え始め、病気と立ち向かいました。

作詞をする彼の歌詞にもその辛さが現れていて、彼本人もそのことをブログで書いています。

※メニエール病(英名 Meniere’s disease)とは激しい回転性のめまいと難聴・耳鳴り・耳閉感の4症状が同時に重なる症状を繰り返す内耳の疾患である 出典:ウィキペディア

出典 http://ja.wikipedia.org

何よりシドの十周年に絶対泥を塗りたくない! メンバーやスタッフ、ファンのみんなに迷惑をかけたくない!

なぜ2年間隠してきたのか?それが答えでしょう。責任感の強いマオらしい理由です。ファン想いですね。

出典 http://sp.natalie.mu

2014年4月から行われた「OUTSIDER」ライブの様子。

マオ:”ここで大きな壁。アルバム「OUTSIDER」のレコーディングが迫ってたってこと。ポリープを切っちゃったら最低でも三か月は歌えなくなるし。悩んで悩んで。”2014年は声帯ポリープの手術から始まりました。

3ヶ月の間SNSからのファンの声や、彼をサポートしてくれた人たちのおかげで、みるみる完治していきました。愛の力はすごいですね。

これから先もシドとシドファンのみんなで、お互いが最愛の関係で一緒に歩いていきたいなって。

ファンとシドの一体感を感じる一言です。ファンを心から愛するシドだから、ファンも彼らを愛し続けていられるのですね。マオ:ずっと隠してきた過去の試練を知ってもらうことで、「弱いマオ」も共有してもらうことで、初めて今の「強くなったマオ」を知ってもらえるし。

彼にとっての「すべてを明かすタイミング」が今だったんですね。病気がすべて完治し、以前よりもずっとパワーアップした今のステータスで明かしたかったのでしょう。

ファンの皆さん、そうでない方もぜひマオのブログを読んでみて下さい。「本当のアーティストとは何ぞや」が考えさせられるはずです。SIDの曲も聴いてみて下さい。惚れること間違いなしです。SIDの皆さんこれからもファンのみんなのためにも頑張ってください。

この記事を書いたユーザー

sakura cherry このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式プラチナライター。灼熱の地UAEに暮らす色々書いてる人。ブログもやってます!
ブログ>>http://ameblo.jp/maomao2015/
twitter>>@maonyan2015

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • ライフハック
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス