年に一度だけ。バレンタイン限定で掲載される明治製菓の新聞広告「スイートライフ」

2007年のバレンタインデーから毎年、チョコレートと家族を巡る小さな物語が描かれた「スイートライフ」という明治製菓の新聞広告が掲載されるようになりました。年に一度にも関わらず、心待ちにしているファンも多いというこの広告の文面が、とっても素敵だったのでご紹介します。

出典 http://adv.yomiuri.co.jp

絵本作家のコロボックル(colobockle)さんが書かれた可愛らしいイラスト入りの広告です。娘からお父さんへの愛のこもったメッセージ、ご覧下さい。

私は、「その人」との約束を破った。

生まれて初めて愛した異性。

生まれて初めてバレンタインデーに、チョコレートを贈った相手。

完璧な人生の先輩。

愛妻の存在は知っていたけど、私は本気だった。

なのに、だんだん欠点が見え始めた。

大切な時に、仕事。束縛。

年下の私をいつまでも子供あつかいすることにも

我慢できなくなった。会話が途切れた。

長い年月・・・。

そして大学を出た私には、他に好きな人が。

どこか「その人」に似ていた。

結婚を決意。

「その人」は黙っているだけだった。

式は、2月14日。

新しい恋人に私が愛を告白した日。

その朝、「その人」と二人きりで会い、お別れのチョコレートを贈った。

「約束を破ってごめんね」という言葉に、「その人」と私は数年ぶりの笑顔をかわした。

バージンロードへ向かう私は、守れなかった「約束」を心の中で繰り返していた。

「大きくなったらパパのお嫁さんになるの」

チョコレートで、愛を伝える日。

チョコレートは、明治。

〈2007年2月14日 朝刊〉

出典 http://matome.naver.jp

娘さんのいるパパなら、いつか来るであろうその日。なかなかストレートに表現できない愛を、チョコレートがきっかけで分かち合う2人の姿がイメージできて微笑ましいですね。

家族の間にもっと愛を!

普通、バレンタインデーというと、女性から男性への告白の日ですが、そうではなくて、チョコレートが家族同士の恋愛の橋渡しをしてくれたらいいなということなんです。父親と娘、母親と息子、老夫婦、いろいろな家族関係にラブストーリーがあったら面白いだろうなという気持ちで、コピーを書いています。

出典 http://adv.yomiuri.co.jp

この広告を手がけた電通の山田さんのお話。普段はなかなか口に出来ない家族への感謝や愛を、バレンタインをきっかけに伝えてみるのも良いかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

hinagon このユーザーの他の記事を見る

主婦暦5年目の34歳。5歳のダウン症の娘、2歳のやんちゃ息子と旦那1人の4人家族。田舎育ち。実家は牛の放牧をしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス